「中央町の家」構造見学会を開催しました!

「中央町の家」構造見学会を開催しました!

当日は石油ストーブ1台を弱火で付け暖房。
お昼ごろには1階20度、2階18度ほどになりました。(外気温5度)
いらっしゃったお客様は内装材も貼られていない32坪の建物全体が、石油ストーブ1台で暖まることに驚かれていました。^^

展示スペースでは断熱材のカットサンプルなどを実際に手に取っていただき、どのような素材を使っているのかご確認いただきました。

断熱や換気、暖房の方法は様々あります。
ひとつの方法にこだわらず柔軟に対応するためには科学的な検証や情報収集は欠かせません。
ご覧いただいたお客さまも「色々なものがあるんですね!」と仰られていました。

高断熱住宅 見学会
断熱材のカットサンプルや実験器具などの展示スペース。

高断熱住宅 見学会
壁の一部を空けておき断熱材の厚みや壁の中の構造を見ていただきました。
こういった事が出来るのも構造見学会ならでは。^^

高断熱住宅 見学会
壁の断面模型や展示パネルなど。

「中央町の家」は宮崎建築の標準的な仕様です。
寒さの厳しい時期に構造見学会を開催出来たことでお越し下さった方々に高断熱住宅をご体感いただけたと思っております。

快くご協力くださったお施主様、誠にありがとうございました!

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 16:47  | Permalink  | Trackbacks (0)

セルローズファイバーの吹込み。

「中央町の家」天井断熱部分はセルローズファイバーの吹込みとしています。
セルローズファイバーとは新聞紙などの古紙を原料としている断熱材で吸放湿性にも優れています。

天井部分は梁や電気配線、換気ダクトなどが入り組んでいる箇所があるため、細かい部分も充填しやすい吹込み工事とする場合が多くなっています。

セルローズファイバーの吹込み
吹込み工事の場合はブローイングマシンを積んだトラックからホースを伸ばし…。

セルローズファイバーの吹込み
点検口などから小屋裏へと繋ぎます。

セルローズファイバーの吹込み
施工前の天井裏。

セルローズファイバーの吹込み
施工中。

セルローズファイバーの吹込み
施工後。
たっぷりと吹き込みました。
いかにも暖かそうです♪

【セルローズファイバー吹込みの様子】

職人さんが隅々まで吹き込んでくれています!
配管まわりや梁の下もバッチリです。^^


【お知らせ】
中央町の家「暖かい家の構造見学会」を開催します!
セルローズファイバーの吹込み後の様子もご覧いただけます。
お気軽にご参加ください。^^
日時:2月26日(日) 10時~16時

詳細はこちら

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 07:35  | Permalink  | Trackbacks (0)

断熱材の施工②(防湿シートの施工)

「中央町の家」断熱材の充填が順調に進行中。
並行して防湿シートも施工しています。

防湿シートは生活するうえで室内で発生する水蒸気の壁体内への流入を防ぎ内部結露を防ぐ働きがあります。
また、気密層としての役割も果たすので断熱材同様、精度の高い施工が重要となります。

グラスウール 防湿シート 施工
ロフト部分の断熱施工。
空間を有効活用するため屋根断熱としています。
(屋根断熱とは屋根の勾配なりに断熱施工する方法)
屋根面の通気層を塞がないよう注意して施工します。

グラスウール 防湿シート 施工
ロフトの断熱施工完了!
(左側の開口は点検口)

グラスウール 防湿シート 施工
防湿シートの施工も完了!
(天井の断熱部分はセルローズファイバー吹き込みのため後日の施工。)
エアコンスリーブ、コンセントボックスまわりの処理もしっかりとされています。


気密シート施工の様子。
ピシッと張られたシートは見ていても気持ちが良いです。^^


【お知らせ】
中央町の家「暖かい家の構造見学会」を開催します!
ご興味がおありの方には補助制度のご案内も致します。
お気軽にご参加ください。^^
日時:2月26日(日) 10時~16時

詳細はこちら

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 19:07  | Permalink  | Trackbacks (0)

断熱材の施工。(グラスウール)

「中央町の家」断熱材の充填作業。
壁部分に使用するのは高性能グラスウール16K 120㎜厚です。
壁の厚みが120㎜なので壁のなかいっぱいに断熱材が入ります。

このグラスウール。ただ入っていればよいというものではなく、押し込みすぎず、かつ隙間なく入れる必要があります。
詰め込みすぎて断熱材が押しつぶされたような状態では本来の性能が発揮できなくなってしまいます。

断熱材 グラスウール
グラスウールはこのように袋詰めで搬入されます。
約3坪入り。
袋をカットすると膨れ上がります。
布団圧縮袋のイメージです。^^

断熱材 グラスウール
外周部はモイスにより耐力を確保しているため筋かいがありません。
よって、グラスウールの充填もスムーズ♪
筋かいがある場合はより入念に施工する必要があります。

断熱材 グラスウール
きっちりと施工されています。

このグラスウール、数社から販売されていて性能、価格ともほぼ同じです。
大きな違いは「色」。
赤、黄色、白などがあります。
その中でも私は赤い断熱材を好んで使います。
理由は「暖かそうだから!」(笑)
※色で性能は変わりません。



グラスウール施工の様子。
早送り再生ですが、施工精度の良さは伝わります。


【お知らせ】
中央町の家「暖かい家の構造見学会」を開催します!
ご興味がおありの方には補助制度のご案内も致します。
お気軽にご参加ください。^^
日時:2月26日(日) 10時~16時

詳細はこちら

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 20:10  | Permalink  | Trackbacks (0)

断熱、気密欠損の補修。

中央町の家、断熱気密工事。
構造金物の取付も完了し、断熱材の充填へと進みます。…が、その前に!
ウレタンフォームによる各部の補修を行います。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅
構造用面材は柱などの下地に10㎝~20㎝ピッチで指定の釘を打ちつけます。
中には打ち損じも生じるので内側から確認しウレタンにより処理。
上の写真は釘を打ち損じ穴になっている箇所。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅
「プシュッ!」処理完了。^^
この部分は断熱・気密層の外側となり実害はほとんど無いと考えられますが少しでも性能の低下を防ぎたいとの思いで処理をしています。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅
こちらは構造金物が断熱層を貫通している部分。
放っておくと結露の原因に!
こちらもウレタンで包みます!


サッシ枠回りなどの2~3ミリ程度の隙間も同様に処理をするのですが、ウレタンガンのノズルが太くこれまで苦労していました。
今回、風山君がホームセンターで見つけてきた謎の部品で極細ノズルのアタッチメントを自作。
これでわずかな隙間も難なく処理できるようになりました。
休日はホームセンターと金物屋をはしごする男。さすがです!

新潟 阿賀野市 高断熱住宅

新潟 阿賀野市 高断熱住宅
特製ノズル!

新潟 阿賀野市 高断熱住宅
サッシ廻りも楽々♪

一つ一つの断熱欠損や熱橋が招く性能の低下はわずかなものかもしれません。
しかし、気にせず工事を進めてしまうと完成時の断熱性、気密性に大きな差が出ることがあります。

このような完成後は全く目に触れることの無い地道な作業の積み重ねで高断熱住宅は造られていきます。

【お知らせ】
中央町の家「暖かい家の構造見学会」を開催します!
ご興味がおありの方には補助制度のご案内も致します。
お気軽にご参加ください。^^
日時:2月26日(日) 10時~16時

詳細はこちら

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 19:30  | Permalink  | Trackbacks (0)

ipadをサブモニターに。

先日新聞で「ipadをパソコンのサブモニターとして利用する人が増えている。」との記事を目にしました。どうやらアプリをダウンロードすることで簡単にできるよう。

私もipadは持っているのですが数年前に購入した物で動きが遅く最近はほとんど使っていませんでした。
「これがサブモニターになるならありがたい!」と思いたちNETで検索。
…どうやらDuetDisplayと言うのが良さそう。

サブモニター

価格は1,200円。
これでサブモニターが手に入るなら安い、と考え購入。

ダウンロードしライトニングケーブルでPCとipadを接続すると問題なく動作。
これはすごい!
あまりにも手軽でちょっと感動しました。

ipad ディスプレイ

ipadをお持ちの方、オススメです。^^

by   at 20:22  | Permalink  | Trackbacks (0)

国交省、補助制度の説明会に参加してきました。

国交省の住宅局が主催する補助金の説明会に行ってきました。

新築 リフォーム 補助金 新潟
会場はときメッセ。300~400人程度集まったようです。
※人数は宮崎の目視による概算。

新築 リフォーム 補助金 新潟
説明会テキスト。
現段階では閣議設定されていないものも含まれるため注意が必要ですが、大筋は把握できました。

・高性能住宅の新築や性能向上リフォームに対して交付されるものが多い
新築の場合「性能の高い住宅」に対して交付されるものがほとんどでです。
耐震性、断熱性、省エネ性などを基準ギリギリではなく高いレベルで達成し、数値により明らかする必要があります。
リフォームの場合は性能を向上させる工事が対象になるものが多くなっています。
高断熱住宅の新築や断熱改修、耐震改修などには利用しやすいと言えるでしょう。
また、国の政策と関連して3世代同居や空家対策、旧耐震基準の住宅の建て替えに対する助成もあります。

今回は国交省でしたが経産省や県、市町村単位の補助制度もあります。
宮崎建築のHPでもそういった情報を整理してお伝えしていきたいと思っています。

新築 リフォーム 補助金 新潟
ちなみに、現在施工中の中央町の家も補助制度を利用しています。
「地域型グリーン化事業」と「ふるさと越後の家づくり事業」の2つ。
合算し120万円が交付されます。

こういった補助制度は知らなければ素通りしてしまい後からは申請できないものがほとんどです。
工務店としてもしっかりと情報収集し、お施主様に漏れなくお伝えしていきたいと考えています。

【お知らせ】
中央町の家「暖かい家の構造見学会」を開催します!
ご興味がおありの方には補助制度のご案内も致します。
お気軽にご参加ください。^^
日時:2月26日(日) 10時~16時

詳細はこちら

by   at 09:12  | Permalink  | Trackbacks (0)
2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
<サイト内検索 -->