トップページ » 2014年02月

「白根の家」壁断熱工事。

解体前の壁は土塗り壁のみの無断熱。
壁の断熱の方法は悩みました。
壁は床や天井と違い「筋かい」「配線」「配管」「既存の壁下地」など邪魔者が多いため一筋縄ではいかないことも多いのです。

検討したのは3パターン。
①土壁を残し外断熱。
メリット:土の調質性、蓄熱性が生きる。
デメリット:建物の形状が四周を下屋に囲まれているため、外断熱と屋根の取り合いがうまくで処理できるか不安がある。
土壁を利用したく当初はこの方法を検討しましたが下屋部分が複雑になり気密、雨仕舞の点でも不安が残るので却下となりました。
ほぼ総二階で土壁塗りの建物ならぜひこの仕様で改修してみたいです。

②土壁を残し内側にウレタン吹付。
メリット:土壁を撤去する必要がなく工期の短縮が可能、気密も取りやすい。
全体のスケジュールがタイトだったため工期の短縮は魅力でしたが、吹き付けられる厚みが薄い割に費用が割高になってしまうことなどを考慮し却下となりました。

③土壁を撤去し充填断熱。
メリット:土壁を撤去するため建物重量を軽くすることができる。新規の補強や下地も容易。
デメリット:土壁を撤去する必要があるので工期に影響があること。処分に費用が掛かること。
色々と検討した結果、一番オーソドックスな③を選択しました。
耐震性を考えると、建物の重量を軽くできることは受ける地震力が小さくなるので工事の目的と合致します。

断熱 リフォーム
高性能グラスウール16k 120㎜厚。気密シート別貼り。
土壁を撤去したので柱間にしっかりと充填できます。

断熱 リフォーム
コンセントBOXや給気口周りは気密テープで処理。

断熱 リフォーム
ユニットバス部分は施工前に床壁とも断熱処理。

断熱 リフォーム
下屋部分。
断熱区画内と断熱区画外をボルトが貫通する箇所。
ボルトが熱橋となり結露の恐れがあるのでウレタンで処理。
(写真、わかりにくいですね。)

土壁の撤去は苦労もありましたが、解体してみると土壁が傷んでいるところも多く結果的にはこの方法で良かったと思います。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 17:44  | Permalink  | Trackbacks (0)

インフルエンザ。

インフルエンザ、とても流行しているようですね。
幸い我が家は今のところ感染者なしですが、娘(小2)のクラスでは今日から学級閉鎖。
19日~23日までお休みとなりました。
感染している子供さんのいるご家庭は大変だと思います。
流行が早く収ってくれるといいですね。

学級閉鎖
臨時のお休み。
先生がたくさん宿題を出してくれました。^^

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 08:49  | Permalink  | Trackbacks (0)

樹脂サッシAPW330の取付。

「白根の家」サッシの取付を行いました。
使用したのはYKKの樹脂サッシAPW330。

APW330
APW330は工場で組み立てされ現場に直送されるためしっかりと梱包されてきます。
精度も良いです。
少々運搬はしにくいのですが…。

APW330
取付後。
枠がすっきりとしたデザインでパッと見はアルミサッシと変わりません。
白根の家では東西面遮熱タイプ、南北面に断熱タイプを使用しました。

これまでの樹脂サッシは価格が高くなかなか採用に至りませんでした。
しかし、APW330は今までの樹脂複合サッシに近い価格で入手でき断熱性能も大幅に向上。
また2014年は他のメーカーからも樹脂サッシが発売されるようでさらに使いやすくなると思います。
今後は樹脂サッシを標準採用します。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 18:13  | Permalink  | Trackbacks (0)

カプラ。

私が所属する、新潟県建築士会北蒲原支部で「カプラ」の勉強会が行われました。
「カプラ」とは、フランス生まれの積み木のようなもので1:3:15の比率の板状の木です。
カプラに触ってまず驚いたのが寸法の正確さと材料の安定性。
反りや曲りが殆どありませんでした。
松を使っているということですがしっかり乾燥したものを丁寧に加工しているのだろうと思います。

R0014577.jpg
このようにコツコツ積み上げます。

R0014580.jpg
「ナイアガラ」
この後、下の方のカプラを1本抜くと滝のように崩れました。

R0014592.jpg
次は「カマクラ」。
円形に組んでいき…。

R0014598.jpg
屋根部分は少しずつすぼませていきます。

R0014607.jpg
完成。
組みあがるとがっしり安定感があります。

「カプラ」は子供のおもちゃということですが、大人も熱中します。
色々な建築物を再現したものもあるようで、折り紙建築にイメージが似ていると思いました。

今後小学校などでカプラを使ったイベントを計画していくということです。

by   at 18:26  | Permalink  | Trackbacks (0)

新住協の「あったか断熱リフォーム物語」

先日、宮崎建築も所属する「新木造住宅技術研究協議会」(新住協)より「あったか断熱リフォーム物語」というマンガ小冊子が届きました。

断熱
早速読んでみましたが、特に寒冷地でリフォームをする方は必見ではないかなという内容。
…といってもマンガですので難しいことが書いてあるわけではなく、さらっと読めます。

断熱
新築はもちろんですがリフォームも一生で何度もやるというものではありません。
特に耐震補強、断熱改修はリフォームをするタイミングに点検、改修するのが最も合理的で費用も掛かりません。
しっかりと情報収集して検討されることをお勧めします。

この冊子、制作はすごく大変だったと思います。
制作に携わった方は、リフォームなどで寒い家を作ってしまい後悔する方が一人でも少なくなるようにとの思いだったのではないでしょうか。
編集委員始め制作にかかわった方々に感謝です。


「あったか断熱リフォーム物語」、読んでみたいと思われる方は問い合わせフォーム、TEL、メールなどでご連絡ください。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 06:20  | Permalink  | Trackbacks (0)

床下地②。~床の断熱、気流止め~

床下の防湿措置も終わり断熱材の施工へ。

断熱 気流止め
床の下地を組む際、土台部分に気密シートを先張りしておきます。
これは「気流止め」と言って地味ですが重要な工程。
文字通り床下からの気流をストップします。

この気流止めがないと暖房時、室内の暖かい空気で壁内部が暖められ上昇気流が発生します。
床下からは冷気や湿気を吸い込み、室内からはコンセントボックスなどから暖められた空気を吸い込み煙突のように小屋裏から排出。
断熱材が入っていても全然効かないばかりか壁内部や小屋裏の結露の原因にもなります。

古い家では気流止めなんて無いのが当たり前ですが、最近の家でも無い場合があるので注意が必要です。

断熱 気流止め
使用する断熱材はグラスウール24k 120㎜厚。
根太レスのため気密も取りやすく熱橋が少ないメリットがあります。

断熱 気流止め
厚みが一枚120㎜もあるため一部屋床用グラスウールでいっぱいになってしまいました。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築


by   at 15:36  | Permalink  | Trackbacks (0)

床下地①。~床下の防湿~

基礎の増設、補強が完了し床下地に入ります。

「白根の家」では床下の土が多く、床高さが低くなっていたのでまずは不要な土を搬出。

床下防湿
基礎工事完了前。
基礎を作るため掘削するのでこの時点でもかなり土が出ます。

床下防湿
基礎工事完了後。
不要な土を搬出し防湿フィルムを敷きこむ。
床下が高湿になると結露、カビの原因になることがあるのでフィルムなどにより防湿措置を施します。

床下防湿
コンクリートの平板設置後、風などによるフィルムのめくれ、ずれを防ぐため押えの砂を入れます。

床下防湿
床下地設置。
大引き(水平方向の木材)、束(大引きを支える鉛直方向の部材)の設置。束はプラスチック製のものを使用。
束を木材ではなくプラ束にする理由は調整が容易であること。
本体にねじが切ってあり回転させることで高さを調整。
将来的に床にガタツキなどが出ても点検口より床下に入り簡単に調整する事ができます。
また、季節によって床下の湿度が高くなった場合も素材がプラスチックなので湿度の影響を受けにくいというメリットもあります。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 06:07  | Permalink  | Trackbacks (0)