白根の家では「既築住宅における高性能建材導入促進事業」という長い名前の補助金も使用しています。
補助率が対象経費の1/3。上限150万円です。

この補助金は既築住宅に窓、断熱材などの高性能建材を使用し省エネ改修する際に使えるものでリフォーム、リノベーションのためのもの。
ただし、公募の開始が平成25年8月1日、工事の完了が平成26年1月15日とピンポイントのため、タイミングが合わないと使えません。

補助金申請などの事務作業は得意ではないのですが、申請を終え予約者決定を受けないことには着工できないため急ピッチで作業を進めました。

書類作成、提出から約1か月後の10月中旬、無事予約者決定が届き着工となりました。
交付予定額は約99万円。
耐震改修の140万円と合わせると約240万円となりました。

省エネ リフォーム
各補助金の提出書類。
真ん中の耐震設計のファイルは現場で汚してしまいました。(汗)

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。