K様邸では既存の瓦を降ろし、傷みや腐朽のある材料の交換。下地の調整などを行いました。

新潟市 古民家 リフォーム
お盆前の炎天下の中作業は行われました。
(熱中症には気をつけましょう!)

新潟市 古民家 リフォーム
玄関、入母屋(いりもや)部分の屋根下地。

新潟市 古民家 リフォーム
取り外された既存の鬼瓦。これ位のサイズになると7~9個ほどに分解され屋根の上で組み立てます。

新潟市 古民家 リフォーム
下葺き(したぶき)作業。下葺きとは暴風時などに万が一、屋根材の隙間から雨が入った場合防水層となる部分で、屋根工事においてとても重要な部分です。

新潟市 古民家 リフォーム

新潟市 古民家 リフォーム
下葺き後、瓦を並べるときに基準となる瓦桟(かわらざん)が打ちつけられました。
あとは瓦が上がるのを待つばかりです。

お盆過ぎは少し涼しくなってくれると良いですね。^^

木の家の新築・リフォームなら…
   新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。