トップページ » 2017年01月

屋根葺きと小屋裏換気。

「中央町の家」屋根板金を張りました。
色はタイマGLのいぶし銀。
金属は見る角度によって色の濃淡が随分違います。
この「いぶし銀」は濃いめのシルバーと言った感じ。いい色です。

屋根板金 タイマGL いぶし銀
2階本屋根は横葺き。
連続する横ライン。水滴もきれいです。

屋根板金 タイマGL いぶし銀
1階屋根は縦葺き。
450㎜ピッチに入る縦ラインがスッキリしていてまた良いのです。
まだ施工途中ですが。^^;

棟換気 テッペン
屋根の棟部分(一番高い所)に付ける通気部材。
その名もテッペン!素晴らしいネーミングです。(笑)
設置するとまず目にすることはありませんが、小屋裏にこもりやすい熱気や湿気を排出する重要な部材です。

外壁同様、小屋裏もしっかりと通気が確保できてこそ長期の耐久性が確保できます。

小屋裏の排気量も計算で求めています。
必要排気量=天井面積の1/1600
天井面積=52.99㎡
52.99㎡×1/1600=0.03㎡
テッペン1本あたりの換気量 0.0524㎡
「中央町の家」ではテッペンを3本使用。
0.0524㎡×3本=0.157㎡
0.03㎡(必要排気量)<0.157㎡(実際の排気量)
…となり、排気量は5倍ほど余裕がある設計となっているのです!
(給気量は4倍。)

空気は予想通りに動いてくれないこともあるので、余裕を持った設計を心がけています。

by   at 23:49  | Permalink  | Trackbacks (0)

高断熱窓の取付け

「中央町の家」外部下地が進行しています。
耐力面材の「モイス」を貼り終え窓の取付へ。
使用する窓はYKKのAPW330。樹脂サッシです。
宮崎建築では3年ほど前からこの窓を標準仕様としています。

樹脂サッシ故の骨太感はありますが実際に取付け工事をしてみるとしっかりとした造りで安心感があります。
気密測定で圧をかけた状態でも枠部分などから隙間風が入ることはまずありません。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅
モイス施工完了。
外周壁は面材とすることで筋かいを無くし、断熱材充填の際の施工性向上を図ります。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅
取付けを待つ窓たち。
APW330はガラスを遮熱タイプ・断熱タイプから選ぶことができます。
冬期の日射取得、夏期の日射遮蔽などから検討をしますが「中央町の家」は東西面を遮熱タイプ、南北面を断熱タイプというオーソドックスな使い分けをしています。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅
取付完了後の窓。
主要な窓には写真のような小さな庇が付きます。霧除け(きりよけ)と言います。
これは以下の効果があります。
①窓廻りの雨切れを良くすることで長期の耐久性向上
②風が無ければ少しくらいの雨でも窓を開けることができる。
③フックを取付けることで夏期はすだれを設置することが出来る。(ステンレス製のフックは標準で取付けます。)
特に高断熱住宅の場合は夏期に日射を室内に取り込まないことが重要となってきますので③は大きな意味を持ちます。
地味な存在ですが意外に働き者な霧除け君です。^^

新潟 阿賀野市 高断熱住宅
ロフトの小窓。
このように屋根の近い所は雨、日射とも心配が少ないので霧除けは付けません。

来週には玄関ドアが付き内部の工事へと進みます!

by   at 10:13  | Permalink  | Trackbacks (0)

定点観測。

建て方を開始してから屋根の形が出来るまでは大きさにもよりますが2~3日程度です。
一般の方から見ると基礎しかないところにあっという間に家が出現したような印象かもしれません。
定点で何枚か撮影してみました。^^

新潟 阿賀野市 新築 高断熱
1月20日 9時

新潟 阿賀野市 新築 高断熱
1月20日 10時

新潟 阿賀野市 新築 高断熱
1月20日 16時

新潟 阿賀野市 新築 高断熱
1月21日 15時

たしかに「あっという間」ですね!^^

by   at 06:57  | Permalink  | Trackbacks (0)

「中央町の家」上棟しました!②

建て方2日目も比較的穏やかな気候。
まずは屋根下地。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅 新築
「中央町の家」は板金屋根。
雨音などの吸音のため構造用合板の上にボードを貼ります。
板金屋根の場合雨音を心配気にされる方もいらっしゃいますが、このボードに加え屋根・天井に300㎜の断熱材を施工するので雨音はほとんど気になりません。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅 新築g
棟部分には換気部材を設置するため隙間を空けてあります。
小屋裏の空気がここから抜けます。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅 新築
下屋の取り付く部分に構造用面材を先行して貼り付け。
今回はモイス。
重くて施工は大変ですが、透湿性能、防火性能に加えリサイクル性にも優れた材料。

17012118.jpg
2日間の建て方を終え屋根の下葺き(したぶき:防水シート貼り)まで完了。
家全体が形になってきました。
ここまで来るとホッとします。
最近は事務所でデスクワークが多かったので体がバキバキです。(^_^;)

新潟 阿賀野市 高断熱住宅 新築
休憩時にお施主様より差し入れを頂きました。
セブンイレブンのドーナッツ、初めて食べましたがおいしいですね。
ご馳走様でした!

by   at 08:48  | Permalink  | Trackbacks (0)

「中央町の家」上棟しました!①

1月中旬に寒波が訪れ阿賀野市も大雪となりました。
建前を20日に控え天気予報とにらめっこする日々が続いておりましたが天候は回復。
お陰様で穏やかな天候の中作業を行うことが出来ました。^^

建前 新潟 阿賀野市

建前の作業はコンパクトな建物でも6~7人で行うため普段付き合いのある工務店や大工に声を掛け建前チームを結成し作業を行います。
大工の数は年齢が若くなるにつれ減少傾向にあり、私と同年代の30~40代の大工も多いとは言えません。
それでも声を掛ければ集まってくれる仲間がいることはありがたく、建前を行うたびに心強い気持ちになれます。

建前 新潟 阿賀野市
今回は6人チームでした。
頼もしい職人たち。

建前 新潟 阿賀野市
2階床を組み上げ構造用合板を貼ることで作業性が向上します。
汚れ防止のための養生シート張り。
このシートは優れもので雨などの水滴が付いても滑らないため安全です。

建前 新潟 阿賀野市
左側の大工(風山君)が持っている道具。
下から持ち上げ叩きつけることで高い所に登らずとも梁などを組むことが出来ます。
「だいみょう」とか「ちょうせん」とか地域によって呼び名が違いますが建前には必需品。

建前 新潟 阿賀野市
2階寝室から東側を望む。
足場でわかりにくいですが、建て物の間から五頭連邦が見えます。
この辺りは設計の狙いどおり。

建前 新潟 阿賀野市
2階小屋組み。
前もってカットしてあったタルキ(屋根の骨組み材)を取付ける。

建前 新潟 阿賀野市
初日、本屋根の骨組みまで完了することが出来ました。^^

by   at 20:27  | Permalink  | Trackbacks (0)

建て方の準備。

週末に建て方を控え、作業場では下地材の加工など準備が進みます。

建て方準備
「タルキ」と呼ばれる屋根の骨組み材をカット。

建て方準備
角度、長さとも精度よく加工します。

建て方準備
屋根の通気を取るための部材。
こんなものも事前に加工。

建て方準備
現場では事前に足場組み。
「先行足場」と言い、何もない所に足場のみがどんどんと出来上がる。
足場屋さんの技術はすごいものだと感心させれられます。

数十年前は建て方と言っても足場など無く、グラグラする梁に梯子を掛けたり、柱によじ登ったりして建て方を行っていたとか。(汗)
私は大工の中では高い所は苦手な方なので「先行足場」が当たり前になって本当に良かったと思っています。^^

安全第一ですね!

by   at 18:49  | Permalink  | Trackbacks (0)

「中央町の家」土台敷き

半年ほど前からお打ち合わせをさせて頂いていた「中央町の家」。
本日土台敷きをしました。

先週末の寒波で一時はかなり雪が積もりましたが、除雪+今日の晴天で雪の量が激減!
やはり日射は偉大です。^^

高断熱住宅
べた基礎でスラブ、立ち上り一体打ちなので基礎内に水が溜まります。(隙間のない証拠。)
ポンプで排出しながらの作業。

高断熱住宅
「中央町の家」は床下暖房方式。
土台と基礎の間にパッキンを挟み込み気密を取ります。

高断熱住宅
バッチリ挟み込んでます。^^

高断熱住宅
1/100模型。コンパクトでかわいい外観。
今週末上棟です!

by   at 19:47  | Permalink  | Trackbacks (0)

温湿度の実測。

昨年末にお引き渡しをした「小栗山の家」。
築60年の住宅のリビング、水廻りなどの生活スペースを区画し断熱改修させていただきました。
リフォームでありながら付加断熱を施し(充填+付加で220ミリ)床下エアコン方式を採用しています。

先週末から温湿度の測定器を設置させていただき温熱環境を調査。
ちょうど寒波が来ている時期でもあったのでどんな結果になっているか楽しみです。^^

高断熱住宅
今回使用している温湿度計。
4台設置して各部屋の温度変化を測定します。


1週間ほど調査させていただきデータをまとめます。
また、ブログで報告します!

by   at 22:36  | Permalink  | Trackbacks (0)

住宅医フォーラムへ

住宅医協会が主催する「住宅医フォーラム」に参加してきました。

フォーラムでは「災害とレジリエンス ~ 木造住宅の耐震性とは」と題され熊本地震の現地報告を中心に木造の耐震性について講演が行われました。
講師は山辺豊彦先生、五十田博先生に加え現地実務者の方々など。
震度7が2度訪れるというとてつもない状況の中、現地の実務者はどういった動きをされたのか。大変勉強になりました。

後半はパネルディスカッション。南雄三さんがコーディネーターとなり各先生方と議論を深める形式。南さん独特の切り口で肩の力の抜けたざっくばらんな内容。楽しく、そして示唆に富む内容。さすがです。

熊本地震の生々しい報告を目にし、日本に住む以上大地震に遭遇することは免れないということを改めて肝に銘ずる一日でした。

住宅医フォーラム

by   at 23:58  | Permalink  | Trackbacks (0)

本年もよろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致します。^^

平成28年は新築工事と併せて本格的な断熱改修の引き合いが多い年でした。
国も助成制度などで後押ししていますが既存住宅の活用が今まで以上に重要になっていることを実感します。

また越後杉住宅コンペでの受賞Daily Lives Niigataさんからの取材奥越大工塾さんからの講師依頼など宮崎建築の家づくりを評価していただけたと思える出来事も多くありました。本当にありがたいことです。

平成29年も自分たちのできる範囲の事を確実に積み上げていければと思います。

今後の予定
・1月上棟の「中央町の家」。構造見学会(2月頃)と完成見学会(4月頃)を行います
・事務所の引っ越し。当社敷地内の使用していない物置をリノベーションし移転します。(できれば4月頃までに…)

高断熱住宅の良さを体感しやすい冬の期間に見学会など予定しております。
HPなどでも告知して参りますのでよろしくお願い致します。

※メールや郵送などでご案内することも可能です。
ご希望の方は問い合わせフォームに住所、連絡先をご記入の上「案内希望」とお送りください。

by   at 23:14  | Permalink  | Trackbacks (0)