建て方2日目も比較的穏やかな気候。
まずは屋根下地。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅 新築
「中央町の家」は板金屋根。
雨音などの吸音のため構造用合板の上にボードを貼ります。
板金屋根の場合雨音を心配気にされる方もいらっしゃいますが、このボードに加え屋根・天井に300㎜の断熱材を施工するので雨音はほとんど気になりません。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅 新築g
棟部分には換気部材を設置するため隙間を空けてあります。
小屋裏の空気がここから抜けます。

新潟 阿賀野市 高断熱住宅 新築
下屋の取り付く部分に構造用面材を先行して貼り付け。
今回はモイス。
重くて施工は大変ですが、透湿性能、防火性能に加えリサイクル性にも優れた材料。

17012118.jpg
2日間の建て方を終え屋根の下葺き(したぶき:防水シート貼り)まで完了。
家全体が形になってきました。
ここまで来るとホッとします。
最近は事務所でデスクワークが多かったので体がバキバキです。(^_^;)

新潟 阿賀野市 高断熱住宅 新築
休憩時にお施主様より差し入れを頂きました。
セブンイレブンのドーナッツ、初めて食べましたがおいしいですね。
ご馳走様でした!

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。