昨年末に基礎工事を終えていた「京王の家」、先日上棟しました。
当初、3連休明けの1月12日より建て方を行う予定でしたが、大雪により延期。15日より建て方を行いました。
延期した甲斐もあり(?)15日は何日ぶりかという快晴!
順調に作業を行うことが出来ました。

1日目 8:00頃
建て方当日は久しぶりの青空。
ただ、道路にはまだ雪も多く、職人さんたちは通常の倍以上の移動時間をかけて集まってくれました。
1日目 9:00
1階の柱が建ち上がる。
1日目 11:00
2階床まわりの梁や桁がかかる。
1日目 15:00
2階の梁や桁がかかる。
2日目 9:00
2階母屋などがかかる。
2日目 16:00
2階屋根が掛かり「家」らしい形となってきた。

上棟式で使用した幣束は天井を貼る前に小屋裏に設置します。
外回りの雨仕舞が完了するまでの間、事務所で待機です。

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。