「新栄町の家」地鎮祭を行いました。
当日朝方は雨が残っていましたが、地鎮祭が始まる頃には上り幸先のよいスタートとなりました。
18070901.jpg

「新栄町の家」の建築地は遺跡が発掘されるエリア。
事前に新潟市に照会したところ工事着手前に調査が必要との回答。
1ヵ月程の期間で入念に発掘調査が行われました。
調査期間に何度か見学に伺いましたが、およそ1200年前の生活の跡がはっきりとわかり大変勉強になりました。
18070902.jpg

その後埋戻しを行い地盤調査へ、結果は「安定した地盤」とのこと。
基礎形状を考慮する必要はありますが地盤改良は不要との判断となりました。

現在、長期優良住宅申請や構造計算など着工準備を進めています。
今月末着工予定です!

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。