「中央町の家」構造金物の検査が行われました。
柱と梁の接合部や筋かいの端部などは計算によって求められた荷重に耐えられる金物を取付ける必要があります。
計算方法もいくつかルートがありますが「中央町の家」では構造計算で求めています。

金物検査
検査機関による金物のチェック。
構造躯体が見え、金物の取付が完了した時点で行われます。
今回は「地域型グリーン化事業」の補助金を利用しているのでグループの規定により第3者工務店によるチェックもあります。
検査機関、第3者工務店、自社によるトリプルチェックを行うことで検査クリアとなります。

金物検査
使用する金物は煩雑にならないようある程度整理していますがそれでも数種類に。
図面を見ながら各箇所間違いなく金物を取付けていく作業は意外に大変で神経も使います。

金物検査
トリプルチェックの金物検査も無事終了!
断熱材充填へと進みます。^^

お知らせ】
中央町の家「暖かい家の構造見学会」を開催します!
日時:2月26日(日) 10時~16時

詳細はこちら

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。