毎年恒例となっている青年建築士研修会に参加してきました。

午前中は各支部の意見発表。
北蒲原支部からは八木さんによる12月に行われた温熱研修会の報告。
基準への適合はもちろん、目に見えない温熱を数値化する事の重要性。結果を建主さんにどう伝えるか、どうプランニングに活かすか。今後への課題が見えた良い発表でした。
後半のパネルディスカッションは初めての試み。渡辺常務がコーディネーターとなり各支部の内容をさらに掘り下げて聞いていきます。
発表時間だけでは伝えきれない突っ込んだ内容まで話が及び興味深く聞くことが出来ました。

IMG_2419.jpg

続いて新潟建築賞の公開審査。
学生さんの古町改修計画のプレゼンに対する審査委員長みかんぐみ曽我部氏の鋭い講評。
見応えありました。

引き続き曽我部氏の基調講演。
地域の暮らしや歴史に積極的に関わってこられたプロジェクトの数々。
お話を聞くと、とても仕事を楽しんでいる事がわかります
建築は楽しい。聴講していた学生さんにもきっと届いたのではないでしょうか。

IMG_2422.jpg

夜は懇親会へ。他支部の方々との情報交換など。
研修、交流と大変充実した一日を過ごすことが出来ました。

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。