最終日の朝、早起きしてホテル近くの「せんだいメディアテーク」を見てこようと思っていたのですが寝坊して叶わず。。

しかし、研修はしっかり参加しました!

高断熱住宅の暖房方法がテーマで床下エアコンの事例が中心。
とはいえ、暖房の方法だけでなくそのための断熱材の施工方法や、基礎の構造まで話が及びます。
実務をされている方の極めて実践的な内容に初日同様、皆真剣に聞き入ります。

高気密 高断熱 新住協
グラスウール345㎜の外断熱。「はしごパネル」呼ばれる下地を組んでいるところ。

高気密 高断熱 新住協
「はしごパネル」の間にグラスウールを充填している様子。

高気密 高断熱 新住協
竣工後の温度実測データに対する鎌田先生の質問に発表者の方が答える様子。

初めて参加した新住協総会。
視察から始まり、研修、交流と濃厚な3日間を過ごすことが出来ました。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。