6年使っているGショック。
仕事中、常に付けているためかなり傷んできました。
ベルトは一度切れてしまい交換したのですが、今回はベルトだけではなく文字盤まわりのケース(ベゼルというらしい)も擦り減ってしまいました。
買い替え無ければいけないかと調べてみるとベゼルもベルトも通販で入手できるらしい。
…ということで早速購入、交換してみました。

Gショック ベルト交換
手術前のGショック君。
かなり年期入ってます。

Gショック ベルト交換
購入した部品と撮影。
うまくできるのか?

Gショック ベルト交換
手術中。
この時ベゼルの裏側がかなり汚れていてビックリ。
6年分の汚れがたまっていました。(汗)

Gショック ベルト交換
手術完了。
特に問題なく交換することが出来ました!

外見は新品同様、まだまだ使えそう。
通常家電などでは6年前の物であれば「部品がありません。」で新品購入になりそうなところですが、交換部品が簡単に入手できたことはありがたかったです。

現場で6年使っても本体部分は問題なし。タフな時計です。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。