3月16日笹神建築組合青年部の研修会が行われました。
新潟市にある「越後森林館」の見学会。越後森林館は、新潟県産材を使用し、職人の技で造られた大規模木造建築物です。

越屋根が偏心したように見える多角形の造形が印象的な外観。(写真撮り忘れました。)
何度か近くを通って気になってはいたのですが初めて中に入ることができました。

越後杉
設計は村尾欣一氏(越後に生きる家設計室)、施工は斑鳩建築。

越後杉
根曲がり杉を使用した加工が圧巻。
歩いている人と比べると建物の大きさがよくわかります。

越後杉
丸太を割ったクルミの上り框。
架構ばかりに目が行きますが造作も繊細です。

越後杉
見学後設計者の村尾先生から講演をいただきました。
各所の工夫、互いに譲らぬ大工と設計者との協議などの建築中の苦労話をとても楽しそうにお話しされる姿が印象的でした。

越後杉"
多角形の角と隅木を納めるために必要だという短い部材。はさみ束?

越後杉
上棟の風景。

越後森林館のような建築物の技術を住宅にそのまま転用することは難しい(コストや必要性などの面で)との思いもありましたが、大工職人が作る木造建築の大きな可能性に触れることができ、とても有意義な研修会でした。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。