ご無沙汰しております。
ブログの更新がしばらく滞ってしまいました。(汗)
今後は気合を入れて更新をしていきたいと思っております!!

「上木戸の家」完成見学会を開催しました。

まずは、8月下旬に開催させて頂いた「上木戸の家」完成見学会のご報告と御礼をさせて下さい。
当日は、多くの方にご来場頂き誠にありがとうございました。
また、快く大切なお住まいを見学会にご提供いただいたお施主様に御礼申し上げます。

今年の夏はお盆過ぎからが特に厳しい暑さとなり、見学会当日も猛暑となりました。
高断熱住宅の性能は極寒の冬や猛暑の方がを体感しやすいため、超高断熱住宅の上木戸の家の完成見学会としては絶好の日となったとも言えます。
(ご来場頂いた皆様、大変暑い中ありがとうございました!)

当日は2階ホールに設置された8畳用のエアコン一台で全館冷房。
湿度も程よく下がり、さらりとした空気で非常に心地よく過ごすことが出来ました。

新しい生活様式への転換が進められる中、以前よりも自宅で過ごす時間が増え、その価値が高まっています。
今後は夏も冬も、省エネルギーで全館空調できる高断熱住宅の意義がこれまで以上に高まると考えています。

もちろん、暮らしやすさは性能だけでは満たすことは出来ません。
周辺環境を考慮した暮らしやすい間取り、プライバシーと解放感や視線の抜けのバランス、素材のぬくもりなど、「設計」と「性能」そしてそれらを絵に描いた餅にしないための「施工」を高いレベルで両立させることが必要です。
今後もより良い家づくりが出来るよう、精進していきたいと考えています。

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。