中野のエスネル、無事上棟を終え工事は順調に進んでいます。
屋根の下地も完了し壁の下地作成や耐力壁の設置、サッシの取付けなど行いました。

窓の取付けのための下地作成。
木の反りなども修正しながら木材を取り付ける。
壁下地作成後、耐力面材のモイスを貼り付ける。
耐力面材の強さは留め付ける釘の種類、本数によって決まります。
釘のピッチやめり込み深さに注意を払いながら打ち込み作業を進める。
釘の打ち込み作業完了後、エスネルデザイン村松さんのチェックを受ける。
耐力壁の一枚一枚を入念に確認頂きました。
その後付加断熱となるネオマフォーム60ミリ厚を貼り付け…。
トリプルガラス樹脂サッシの取付け、タイベックによる防水措置を行いました。
屋根の板金張りも無事完了!

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。