5/31(日)に「上木戸の家」にて構造見学会を開催致しました。
お忙しい中会場にお越し下さった皆様、ありがとうございました。
また、大切なお住まいを見学会の会場にご提供くださったお施主様に感謝申し上げます。

今回はご予約のお客様のみの見学で、1時間ごとの入れ替え制としました。
(マスクの着用や手指の消毒、窓を開けての換気など、感染症対策もしっかりと行いました。)
ご来場頂いた方には、10分程度のスライドで構造や断熱、これまでの工事の様子などをご説明させて頂き、その後現場内をご案内しました。

完成後はリビングとなるお部屋。
こちらでスライドをご覧頂いた。
入口付近の付加断熱はあえて一部外しており、どのように断熱材を入れているかが分かるようにした。

一般のお客様にとっては完成時の内覧会が馴染みがあるかと思います。
ただ、工事途中に行う見学会は、仕上げ材を貼る前だからこそわかる部分も多く
・床下はどうなっている?
・小屋裏はどうなっている?
・どんな断熱材を使っている?
・換気のダクトはどんなものがどう配管されている?
などなど、見どころもたくさんあります。

今回も「完成見学会は何度か訪れたことがあるが、構造見学会は初めて」というお客様が何名かいらっしゃいました。

断熱材がしっかりと充填された壁面。
天井部分もあえて板を貼っていないところを残した。
これまでの施工事例のパネルや窓のカットサンプルも展示。
付加断熱90㎜と充填断熱120㎜を並べた様子。
合計210㎜もの断熱材が家全体を覆います。
スライドの最後の一枚。

当日は1時間に1組、合計6組のお客様にご来場頂きました。
入れ替え制としたことで、それぞれのお客様とゆっくりとお話出来、とても良かったと思っています。

スライドの最後でもお知らせしたのですが「上木戸の家」は8月に完成見学会を予定しています。
高断熱住宅というと「暖かいのは感覚的にわかるけれど夏はどうなるの?」といったご質問を頂くことがあります。
実際に高断熱化をした住宅は外部の熱を室内に伝えにくいため、とても涼しく過ごすことが出来ます。
ただ、そのためには設計の工夫が大切になります。
そのあたり、真夏の完成見学会ではとてもよくお分かり頂けると思います。

もちろん断熱だけではなく、暮らしやすさを考えられた間取りや空間の質、無垢材などの素材感、造作キッチンや家具など見どころがたくさんあります。
日程が決まりましたら、HP上で改めてお知らせさせて頂きます!

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。