付加断熱を終え、窓の取付けへと進みます。
上木戸の家ではYKKのトリプルガラス樹脂サッシ「APW430」を採用しています。

APW430、カタログより

窓に関しては物件によって仕様を調整しており、ペアガラス樹脂サッシ「APW330」と併用することもあります。
組み合わせとしては
① すべてペアガラス樹脂サッシ
② ペアとトリプルの併用
③ すべてトリプルガラス樹脂サッシ
となります。
このほかにも寸法や開き勝手によっては他メーカーのものを併用する場合もあります。
(LIXIL、シャノン、木製サッシなど)

コストは①→③に行くに従いUPします。
ただし、窓の大きさや開き勝手によっては330と430でさほど変わらないものもあります。
このあたりは本州でも樹脂サッシが普及し一般的になってきたことも大きいのかもしれません。

サッシの検討は温熱計算のシミュレーションソフトQPEXを使用します。
取り付ける方位やサッシ自体の大きさ、隣家との間隔(日の当たり方が変わるため)などによりガラスの種類を決定します。
ペアガラスとトリプルガラスを併用する際は、どの方位のどの窓をペアにするかトリプルにするか、感覚ではなく数値で判断をすることが出来ます。

QPEXの窓入力の画面。
方位、大きさ、ガラス種類などを入力すると、リアルタイムでUA値やQ値に反映される。
現場に搬入されたサッシ。
樹脂サッシは工場から完成品で直送される。
内観色はホワイト。
外観色はブラウン。
専用の取付ビスで躯体に固定される。
窓が取り付くと「家」らしくなります。^^

◎「上木戸の家」構造見学会のお知らせ

現在工事中の「上木戸の家」の構造見学会を開催致します。
完成してからでは見ることが出来なくなる耐震構造や断熱の部分についてじっくりご覧頂ける機会となります。
今回の見学会は予約制となります。(1時間に2組まで)
ご興味のおありの方はメールまたはお電話にてお問合せ下さい。
日程:令和2年5月31日(日)
時間:10:00~16:00
場所:新潟市東区上木戸(お申し込みの方に住所をお知らせ致します。)
お申込み:TEL 090-2409-1462(担当 宮崎携帯)
     メール info@miyazakikenchiku.com まで
お問合せをお待ちしております。^^

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。