「中央町の家」構造見学会も終わり現場は順調に進んでいます!
先日は防湿層の施工検査がありました。

防湿層の施工は建物の長期の耐久性を維持するために重要な工程。
宮崎建築でも特に注意して施工する部分です。
詳しくはこちら
通常の新築住宅ではこの段階では検査はありませんが、中央町の家では「地域型グリーン化事業」の補助金を利用しているため、規定により検査機関と第3者工務店と自社によるトリプルチェックを行います。

防湿層の施工

「すごく丁寧に施工されていますね。」と検査官よりお墨付きを頂きました!
安心して仕上げ材の施工に進みます。^^

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。