「中央町の家」断熱材の充填が順調に進行中。
並行して防湿シートも施工しています。

防湿シートは生活するうえで室内で発生する水蒸気の壁体内への流入を防ぎ内部結露を防ぐ働きがあります。
また、気密層としての役割も果たすので断熱材同様、精度の高い施工が重要となります。

グラスウール 防湿シート 施工
ロフト部分の断熱施工。
空間を有効活用するため屋根断熱としています。
(屋根断熱とは屋根の勾配なりに断熱施工する方法)
屋根面の通気層を塞がないよう注意して施工します。

グラスウール 防湿シート 施工
ロフトの断熱施工完了!
(左側の開口は点検口)

グラスウール 防湿シート 施工
防湿シートの施工も完了!
(天井の断熱部分はセルローズファイバー吹き込みのため後日の施工。)
エアコンスリーブ、コンセントボックスまわりの処理もしっかりとされています。


気密シート施工の様子。
ピシッと張られたシートは見ていても気持ちが良いです。^^

【お知らせ】
中央町の家「暖かい家の構造見学会」を開催します!
ご興味がおありの方には補助制度のご案内も致します。
お気軽にご参加ください。^^
日時:2月26日(日) 10時~16時

詳細はこちら

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。