越後杉住宅コンペは新潟県産の木材を使用して建築された住宅に参加資格が与えられるものです。

宮崎建築では「五頭の里の家」を出展させて頂きました。
平成28年3月に竣工した「五頭の里の家」。
農業に関わる施主様のお仕事柄地域とのつながりも強く、使用している素材も地元産にこだわった住宅です。(安田瓦、越の壁など)

越後杉住宅コンペ

越後杉住宅コンペ

越後杉住宅コンペ

先日、越後森林館にて行われた授賞式に参加して来ました。
新潟県木材組合連合会の重川会長より表彰状を授与。重川会長は匠塾時代の恩師でもありますので私にとって感激のひと時でした。

最優秀賞の大橋建築設計工房様や特別賞の伊藤純一アトリエ様など高名な建築家や、いつもお世話になっているオガスタ新潟さんなど優良工務店の方とご一緒させて頂き身が引き締まる思いでした。

越後杉住宅コンペ
重川会長より表彰。緊張しています。(笑)

越後杉住宅コンペ
受賞者で集合写真。

越後杉住宅コンペ
竣工撮影担当の妻と。^^

今回の出展を快く了承して頂いた施主様、基本設計を担当して頂いた八木大志建築設計事務所の八木さんにはこの場を借りて御礼申し上げます。
この受賞を糧に今後も精進していきたいと思います!

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。