先日当方も所属する新住協より書籍が発刊されました。
タイトルは「燃費半分で暮らす家。」

車を買う場合多くの方が燃費を考慮されると思います。
当初は安く購入できたとしても燃費の悪い車であれば、結果として高い買い物になる場合があるからです。
住宅も電気、ガス、灯油などのエネルギーを継続して使っています。
安く家を作ることが出来ても「燃費」の悪い家ではエネルギーを浪費してしまう。
ましてや住宅は一度建てれば数十年住み続けるので燃費の影響は車以上とも言えます。

これからの家づくりや改修には燃費という考えが必要でどうやったら燃費の良い家が作ることが出来るか、そんなことを中心に書かれています。

IMG_2551.jpg

今までの新住協の本は少々専門的で読みにくい部分も多かったように思いますが、今回の本は一般の方にもおすすめできる内容です。

私も再度読み込んで勉強せねば…!

現在資料請求いただいた方、先着10名様に「燃費半分で暮らす家」を差し上げます。

お問い合わせフォームに住所等記入いただき「資料希望」とお送りください。

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。