リノベーション工事では、「解体」「補強」という工程があるため新築工事では使わない道具をいろいろと使います。

リフォーム リノベーション
ジャッキ、レバーブロック、長いドリルなど。
中でもジャッキは新築ではまず使いません。

リフォーム リノベーション
写真矢印の柱を撤去する様子。
当然ですがいきなり柱を切断すると家が倒壊するので柱の脇にジャッキを掛け梁を少し持ち上げます。
その間に柱を撤去、梁の補強を行います。
時にはジャッキを4~5台併用することも。

リフォーム リノベーション
この工程は、一歩間違うととても危険なため神経を使いますが、うまくいったときは「おー」と自己満足にふけります。(笑)

リフォーム リノベーション
梁の補強完了。
不要な柱が撤去され新たな間取りのイメージが見えてきました。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。