型枠も取れ、出来上がった基礎に土台を敷いていきます。
天気予報は土台敷き~上棟まで比較的良い予報。
この時期の貴重な晴れ間はありがたいです。

ユニック車にて材料を搬入。
穏やかな天気の中、土台を敷くことが出来ました。
土台と基礎の間にはパッキン材を挟み込み、気密性を高めます。
土台より太く飛び出しているボルトは柱と基礎を直接緊結するためのもの。
大きな力のかかる耐力壁部分に設けられます。
土台敷きの後、先行足場架け。
何もないところに建物の形に併せて足場を組む職人さんの技術には、いつも感心させられます。

いよいよ上棟を迎えます。

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。