昨年4月にお引渡しをさせて頂いた「五頭の里の家」一年点検にお邪魔してきました。

玄関に入ると土間におかれた薪ストーブの炎がゆらゆら。
約50坪の家全体を暖かく包んでいました。

17031901.jpg
初めての冬を過ごしての感想をお聞きすると「家のどこにいても寒いという事がない。」とのこと。
ご家族が多いことから設計時に暮らしやすさを考えた行き止まりの無い間取りを計画していました。
そのことが人の動きやすさと共に空気の流れやすさにつながり、各部屋の温度差の解消につながっていると考えられます。
子供さんたちは冬だというのに普段は半袖で生活されているそう。
お話を聞いていて羨ましくなりました。^^

定期点検にお邪魔してまず気になるのは換気の状態。
五頭の里の家では3種セントラルを採用しております。
フィルターの状態を確認するととてもきれいでビックリ!
お話を聞くと、ご主人が定期的にメンテナンスをされているそう。
17031906.jpg
使用機種は日本住環境のピアラ。

17031901-1.jpg
窓枠と壁の取り合い部分などは木材の初期の収縮により隙間が生じます。
これは竣工から1~2年時に一度補修をすることでその後はほとんど発生しなくなります。

定期点検時の楽しみ?玄関ドアのオイル塗布。
一年間外部環境に耐えてくれた木部をメンテナンス。

17031902.jpg
今回は施主様と共に。
まずはサンドペーパーで下地調整。

17031903.jpg
オイルを塗りこんでいきます。
下部が塗布前、上部が塗布後。
メンテナンス後施主様と共に艶がよみがえった玄関ドアに見入っていました。

17031904.jpg
使用したオイルは玄関ドアに付属してきたオスモ。

その他建具の調整などを追って作業をさせて頂くことでこの日は終了。
定期点検はお施主様のご感想や素材の経年変化を見ることが出来る貴重な機会となっています。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。