基礎工事が終わり、土台敷きへ。
土台敷きとは、文字通り家の「土台」となる部材を基礎の上に敷き込み、アンカーボルトなどで緊結する作業です。
秋葉区 中野の家では米ヒバ集成材を使用。
ヒバ独特の香りが現場にたちこめます。

基礎断熱
アンカーボルトの位置に穴を空け土台を並べていきます。

基礎断熱
中野の家は「基礎断熱工法」のため写真のようなパッキン材を挟み込み、土台と基礎を密着させます。
仕様部材は天端リスト

基礎断熱
金具や仕口の取り合いに注意しながら気密シートを処理し土台敷きが完了しました。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。