3月末、「大室の家」が完成し、お引渡しをさせていただきました。
大室の家は約20坪で正方形の平屋建てのコンパクトハウス。
宮崎建築で建てさせてもらった住宅では過去最少ですが、工事が進むにつれて「このぐらいの家いいなあ。」とうらやましくなりました。

住宅を建築する際、必要なものや部屋を考えていくと建物のボリュームが大きくなってしまうことがあります。
そんな時思い切って不要なものをそぎ落とし、少し手狭と感じるくらいなプランにすることでシンプルで良いものになっていくことも多いです。
「大室の家」ではそんなことも再認識させていただきました。

新潟 新発田 阿賀野市 新築
外観。 
平屋の切妻屋根。高さも抑えてあるのでかわいい佇まい。

新潟 新発田 阿賀野市 新築
内観。
パインフローリング。シナ合板の天井。

新潟 新発田 阿賀野市 新築
撮影者は妻です。

竣工写真、仕様は追って施工事例でアップしたいと思います。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。