笹神の家では、地盤調査の結果に基づき、構造計算を行い基礎形状を決定しています。

通常、新潟市や阿賀野市近郊では何らかの地盤改良や補強が必要になる場合がほとんどなのですが、こちらの敷地は奇跡的な好地盤!
SS式調査のロッドを上から叩いて地面に突き刺し、やっとの思いで調査を行う程でした。(笑)

基礎形状は布基礎。(床下部分、防湿コンクリート打ち。)
建物の荷重の掛かり方により、ベース幅や鉄筋量を変えています。

阿賀野市 基礎 構造計算

阿賀野市 基礎 構造計算

阿賀野市 基礎 構造計算

基礎・上部構造とも構造計算を行う理由は、「地震・強風・積雪」などの外部からの力に対する安全性を確保する事です。
また、それ以外にも、計算結果により不必要に大きい材料や金具などを使わなくて済むため、無駄を省くことができ、コストが抑えられるというメリットもあります。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。