前回と同じく、新潟市S様邸。浴室の手すり取付工事です。
ユニットバスの場合、後から手すりは付けにくいと思われがちですが、「手すり後付けキット」がメーカーごとに用意されているので、ほとんどの場合取り付けることができます。

新潟市 手すり取り付け
まず下穴をあけ、錆止めを塗ります。(S様宅はホーロー製のユニットバスのため、切断面などには錆止めを塗る必要があります。)

新潟市 手すり取り付け
受け金具部分に、コーキング材をたっぷりと付け…。

新潟市 手すり取り付け
ビスにてしっかりと固定。

新潟市 手すり取り付け
手すり取付完了。

浴室は滑りやすく、特に浴槽からの出入りのときには、手すりがあるととても楽になります。
新しくユニットバスを設置される方も、手すりを取り付けておくことをお勧めします。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。