新潟市S様邸、トイレの手すりの取付工事を行いました。
塗り壁仕上げで下地がなかったため、羽目板を張ってからの取り付けとなりました。

取り付け位置は、ケアマネジャーさんと相談したうえで決定。
L型の手すりは、着座体制を支え、立ち座りの動作をサポートします。

また、トイレなどの場合は、金属製ではなく、木製や樹脂製の手すりのほうが、しっかりと掴めて、すべりにくく使いやすいようです。ヒヤリとした感じが無いのも良いですね。

新潟市 バリアフリー リフォーム
≪工事前≫

新潟市 バリアフリー リフォーム
≪工事後≫
S様からは、「足元も上体も安定して動作ができるようになった。」と喜んでいただきました。
ありがとうございました。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。