地盤調査を行ったところ、地盤の補強が必要という結果となりました。
今回の補強方法は
既製コンクリート杭 径200×長さ3.5mを46本打ち込むことになりました。

《杭打ち込み後》
阿賀野市 新築 地盤改良
地面から電柱の頭のような物が少し見えます。

阿賀野市 新築 地盤改良
杭の周りを基礎の芯に合わせて掘削していきます。

阿賀野市 新築 地盤改良
掘削後、基礎底面に合わせて砕石を敷き込みます。

阿賀野市 新築 地盤改良
砕石敷き込み後、基礎底面に合わせて杭の頭を手作業でカットしていきます。
この作業がなかなか大変そうで、1本あたり10分以上かかるようでした。

阿賀野市 新築 地盤改良
カット後。
きれいに切れました。

阿賀野市 新築 地盤改良
カットされた杭の頭。
太巻きかバームクーヘンのようなカワイイ形です。^^

阿賀野市や新潟市の周辺では何らかの地盤改良が必要な場合が多いようです。
これから住宅を新築する際は、地盤のことも計画に入れておいた方が良さそうですね。

現在地盤の改良方法は様々あります。
宮崎建築では、過剰になりすぎない改良方法を提案をしていきたいと考えています。

木の家の新築・リフォームの事なら…
  新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。