阿賀野市(笹神地区)の鳥居改修工事が完了しました。

《工事完了後》
阿賀野市(笹神地区)~鳥居改修~ 091220

《工事前》
阿賀野市(笹神地区)~鳥居改修~ 091220

柱・貫(柱を貫いている水平の部材)共、既存の物よりも大きめの寸法にしました。
写真を見比べてもガッチリした印象ですね!

《工事完了後》
阿賀野市(笹神地区)~鳥居改修~ 091220

新しく取り換えられた柱と貫は、カンナもしっかりとかけられ、光っているかのような艶です。
1年、2年と経っていくにつれ、本体の柱や神社とも馴染んでくるでしょう。
そういった経年変化が楽しめるのも、自然素材の大きな特徴です。

《柱・貫の取り合い部分》
阿賀野市(笹神地区)~鳥居改修~ 091220

4本の支柱の上には、小さな屋根がかけられました。
貫の上端部分にも、雨が流れるように三角形の笠木が取り付けられます。

私は大工という仕事に携わり13年程になりますが、鳥居の改修のような仕事には中々恵まれるものではありません。
今回貴重な機会を与えて下さった、神主さんや自治会のみなさんに感謝です。

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。