トップページ » 2018年06月

雨仕舞、再考。

雨仕舞(あまじまい)実技講習会に参加をしてきました!

雨仕舞とは建物内部への雨水の侵入を防ぐこと。
建築物において最も基本的な性能の一つです。

この講習会は…
・防水透湿(ぼうすいとおしつ)シートの代名詞ともいえるタイベックの性質や貼り方
・住宅において特に雨水が浸入しやすい窓廻りなどの処理
などを勉強するものです。

18062001.jpg
ちなみにタイベックとは↑の写真のような外壁の下地をする際に貼る防水透湿シートのこと。
名称が防水透湿シートという理由は文字通り水は透さないが湿気は透すということから。
雨水などの外部からの水はシャットアウトしつつ内部にこもった湿気は外に排出するという優れた性能を持ちます。

18062002.jpg
住宅における雨漏り事故は意外ですが屋根よりも圧倒的に壁からによるものが多いそうです。(屋根:約20% 壁:約70%)
これは壁は屋根に比べ、窓や設備関連のパイプなど防水層を貫通するものが多く処理も複雑になる事が原因と考えられます。
だからこそしっかりとした知識を身に付けることが重要になります。

18062003.jpg
防水透湿シートは数社から販売されていますがタイベックは引張りに強く耐久性もあります。私も現場で各メーカーのシートを使ったことがありますがこの辺りは実感としてあります。(なので、宮崎建築ではタイベックを採用しています。)
上の写真はシートを手で引き裂いてみて引張り強度の違いを確認する実験。

18062004.jpg

18062005.jpg
ダクト廻りのテープ処理の説明。
通常のテープを細かくカットして処理する方法と伸縮性のあるテープでぐるりと貼り付ける方法。どちらでもOKですが前者は慣れた人で5分程度、後者は1分半程度で施工できます。
材料の価格、手間、処理する箇所の数量でどちらの方法を選択するか決まってきます。

18062006.jpg

18062007.jpg
壁の断面模型を使い窓廻りの処理の説明。
専用の部材などを使った方法で雨仕舞も進化していることを実感しました。
宮崎建築でも基本に従って処理をしていますが、取り入れる点は多そうです。

講習会を終え一緒に参加した大工の風山君と「なんかタイベック、張りたくなってきた!」とウズウズ。学んだことを現場でもしっかり生かしそうと気持ちを新たにしました!


by   at 07:26  | Permalink  | Trackbacks (0)

工務店経営の勉強会のお知らせ。

工務店経営の勉強会のお知らせです!

先日の滋賀研修の際、移動のバスの車中で重川材木店 重川社長に工務店経営について色々とお話を聞かせて頂きました。大変に勉強になり今後の経営についてたくさんのヒントを頂くことが出来ました。
ふと「このようなお話を聞く機会は中々無く、私と同年代の工務店経営者や後継者の方も聞きたいのではないか」と考えました。重川社長にその旨をお伝えしたところ快諾を頂き、勉強会という形でお話をお聞き出来る事となりました!

工務店は地域に必要とされ初めて存在することが出来ます。
経営を安定させ事業を継続していく事で家守りとしての役割を果たせ、お施主様にも安心して頂くことも出来ます。
経営者として駆け出しで、まだまだ未熟な私もこの勉強会に参加させて頂くことで工務店としての基盤をしっかりとしたものとしていきたいと考えています。

以下概要です。
勉強会名称:「地域に必要とされる工務店のあり方研究会」
講師:株式会社重川材木店 代表取締役 重川隆廣氏 
   一級建築士 博士(工学)
日程:平成30年7月~11月(全5回)
会場:株式会社重川材木店社屋 新潟市西蒲区升潟1-1
受講料:5000円(初回時に徴収致します)
定員:10名
申し込み方法:事務局 宮崎まで TEL又はメールにてお知らせください。
TEL 090-2409-1462
mail:naoya@miyazakikenchiku.com

講義内容:
・第1回  7月4日(水)18:00~
 住宅希望者との向き合い方
・第2回 8月(日時は後日決定)
 住宅建築希望者との出合い方
・第3回 9月(日時は後日決定)
 売上げ目標と利益目標の決め方
・第4回 10月(日時は後日決定)
 協力業者との上手な付き合い方
・第5回 11月(日時は後日決定)
 大工養成の秘訣

新潟を代表する工務店の一つである重川材木店を経営される重川社長より工務店経営について学べる大変貴重な機会です!
ご興味のおありの方、一緒に学びましょう!^^
18061402.jpg

by   at 16:21  | Permalink  | Trackbacks (0)

「山谷町の家」竣工写真をUPしました!

「山谷町の家」竣工写真をUPしました。^^
木の質感、室内の明るさ、空間の広がりを感じて頂ける写真になっております。

18060501.jpg

是非ご覧ください!

by   at 17:12  | Permalink  | Trackbacks (0)

滋賀研修へ。②

滋賀研修2日目!
いよいよ谷口工務店さんが改修された町屋の見学です。

改修された町屋は7棟。
大津市内に点在しており全て宿泊施設として活用されます。
設計は無有建築工房。(竹原先生の建築は福島の「はじまりの美術館」以来でした。)
オープン前のため7棟全て見学させて頂ける大変貴重な機会となりました!

18060201.jpg
まずは谷口工務店さんの大津支店である「大津百町スタジオ」へ。

18060202.jpg
築100年の構造を生かしたリノベーション。
新旧それぞれの素材が違和感なく納まっています。

18060204.jpg
重川チームの皆さんは家具のつくりにも興味深々。真剣です!

18060205.jpg
張り方向、ピッチを変え組み合わせた米杉の外壁が楽しい。

18060206.jpg
大津市街を散策しつつ改修された町屋の見学へ!
この建物は重川材木店さんの大工チームが応援に駆け付け完成に至ったもの。
改修に携わった大工さん達も完成した姿を見るのはこの時が初めて。
「キレイになったなぁ…。」と感慨深げでした。^^

18060207.jpg
リノベーションを終えやや現代的になった町屋。
まだまだこの先も活用されることを感じさせます。

18060208.jpg
商店街に溶け込むようにして佇む町屋もありました。

18060210.jpg
内部は洗練された空間。
あちこちに篭れるような居場所があり思わず長居しそうになりますが7棟もあるのでテキパキと見学。(笑)

18060211.jpg
随所に光る大工の技。

18060212.jpg
踏板ごとに樹種を変えた階段。
素材の力強さが伝わります。

18060215.jpg
町屋の見学を終え昼食へ。近江牛のすき焼きです!
また家族に「自分ばっかり!」と言われそうですが「みんなで行く時のための下見なんだよ。」と言い聞かせます。(笑)

昼食後は伊礼智さん設計の谷口工務店社屋とモデルハウスを見学させて頂きました!
18060216.jpg
〈谷口工務店社屋〉

18060217.jpg
〈モデルハウス〉

重川材木店と谷口工務店の交流は10年ほど前、経営についての相談に谷口社長が重川社長のもとを訪れたことに始まり、それ以来お付き合いが続いているとのこと。
(その様子は谷口工務店HP内のマンガ谷口工務店物語に描かれています。マンガに出てくる鬼のような形相の工務店経営者は重川社長がモデルとのことです。(笑))
そんな交流があってこそと思いますが、町屋見学から社屋・モデルハウス見学まで谷口工務店の社員さんが付きっきりでご案内下さいました。
お忙しい中本当にありがとうございました!

今回の滋賀研修は重川社長よりお声掛け頂き同行させて頂くことが出来ました。
「見習い時代頑張ったご褒美。」とのこと。頑張ってよかった!^^
滋賀県は新潟と距離があることもあり訪れたのは今回が初めて。
見学させて頂いた建物や場所はもちろんですが、美しい街並みが多く残されていることに驚きました。街並みというのは財産であることを再認識させられました。

バスでの移動時間が多かったため車中で色々な方とお話しすることが出来ました。
私が重川材木店で見習いをさせて頂いたのはもう20年も前になりますが当時の懐かしい話などは昨日の事のようでした。^^
また重川社長には工務店経営の部分でお話を聞かせて頂き相談にも乗って頂きました。
私にとっては研修旅行と同時に経営相談まで受けられ、感性、実務ともブラッシュアップできた夢のような時間でした!
こういった工務店経営の原理原則のお話、中々聞けるものではありません。改めてもっと深くお聞きしたい思い重川社長にお願いしたところ快諾を頂きました。
せっかくの機会、私だけでお聞きするにはもったいないので研修会のような形で開催できればと考えています。
具体的になりましたらこちらでもお知らせします。

2日間、とても刺激が多く色々なことを考えることが出来た有意義な研修となりました。

重川材木店の皆さま、谷口工務店の皆さま、ありがとうございました!


by   at 22:25  | Permalink  | Trackbacks (0)

滋賀研修へ。①

4月末に滋賀県に行ってきました。
これは私が見習い時代にお世話になった重川材木店さんの研修旅行に同行させて頂いたものです。

一泊二日の研修旅行の主目的は滋賀県の谷口工務店さんが空家を改修された宿泊施設の見学。
(先日の新建ハウジングにプロジェクトの内容が掲載されていました。)

初日は滋賀観光♪
…と言ってもそこは工務店の研修旅行、建築色濃いめです!
18060101.jpg
まずは国宝の彦根城!
いきなりひこにゃんに遭遇。ラッキーです。^^

お城には全く詳しくないので建物の迫力に圧倒されるばかりですが、今回はやけに石の積み方に目が行きました。
18060109.jpg

18060110.jpg

18060111.jpg
眺めていると色々な積み方があるものです。

18060102.jpg
天候も良く天守閣からは琵琶湖も一望できました。^^


続いては藤森照信氏設計のラ コリーナ近江八幡。
以前から訪れてみたいと思っていたので嬉しい!
18060103.jpg
訪れたのは4月中旬。
あと一か月もすると鮮やかな緑色になると思われます。
季節ごとに表情を変える魅力的な建築。
土から生えているかのような感覚。

18060104.jpg
ラコリーナといえばこのアングル。
(もっと引かないとですね。(^_^;))

18060105.jpg
案内表示もしっかりとデザインされていて素敵です。

18060106.jpg
彦根城の石垣同様、なぜかここでは土際の処理に目が行きます。
(きっと、山谷町の家の外構計画の打ち合わせをしていた時期だからですね。(^_^;))
300角のPC板で自然な納まり。

18060107.jpg
竹と荒縄で通路と植栽スペースを緩やかに区画。

18060108.jpg
ラコリーナは大地、建て物、木、土それぞれの境界線が無いような建築でした。
これがお菓子屋さんの店舗、社屋とは驚かされます!

この後は近江八幡散策、大津にて懇親会と続き初日の夜は更けていきました…。


by   at 23:56  | Permalink  | Trackbacks (0)