トップページ » 2014年10月

関東の工務店見学。②

関東工務店見学、2社目は埼玉の㈱夢・建築工房様
新築現場と事務所、営業所をご案内して頂きました。

高断熱住宅
高坂営業所。Q値1.5の高性能住宅。
こちらはお客様と打ち合わせなどを行うスペース。
デザインが洗練されていて心地よい空間。

高断熱住宅
新築現場1件目。
ゆったりとした平屋建ての住宅。とても雰囲気があります。

高断熱住宅
南面の大開口。
きれいに手入れされたお庭。

高断熱住宅
内部の造作、無垢材が基本。仕事が丁寧。

高断熱住宅
新築現場2件目。
こちらは外部下地の途中。

高断熱住宅
窓廻り防湿シート納まり。

高断熱住宅

高断熱住宅
配管スリーブや配線廻り、かなり丁寧に施工されていて管理がしっかりとされていることがわかります。とても勉強になりました。
気密測定、良い数値が出そうです。

夢・建築工房様は東久留米パッシブハウスの施工を手掛けるなどメディア掲載も多数で、東京都内でも多くお仕事をされています。
岸野社長は私とほぼ同世代。技術的なこと以外にも経営的な考えも聞かせて頂くことが出来、大きな刺激になりました。

今回、関東の工務店を見学させていただき、高断熱住宅の基本的な考えは新潟と変わらないことがわかりました。
新潟と違う点は
・冬に日射が期待できること。
・夏の対策は新潟以上に重要であること。
…など。
夏の工夫や対策は関東から学ぶことは多いと思いました。

このたび、ご多忙にも関わらず見学を快く受け入れてくださった新井社長、岸野社長、本当にありがとうございました。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 18:05  | Permalink  | Trackbacks (0)

関東の工務店見学。①

群馬、埼玉の工務店2社を見学させていただく機会がありました。
1社目は群馬県高崎市の株式会社アライ様
新築3件、改修1件と事務所を案内して頂きました。

高断熱住宅
アライ様の事務所。
外部は桧板張り+漆喰塗りが多いとのことで、一目見るとアライ様の物件だとわかります。
伺った日は汗ばむ陽気でしたが、事務所の中に入るとエアコンなしでヒンヤリ。
様々な工夫がしてありました。

高断熱住宅
新築物件。
新井社長に床下の換気についてお話を伺う。

高断熱住宅
基礎外断熱、階段部分納まり。
断熱材はグラスウール。

高断熱住宅
断熱、耐震改修部件の前で新井社長と。

高断熱住宅
外側、グラスウールによる付加断熱。

高断熱住宅
改修物件、床下の防湿措置。
基礎の補強もしっかりとされていて安心感があります。

高断熱住宅
ユニットバスは既存の物を使用するため断熱気密処理が難しい箇所。
とても参考になりました。

アライ様は高断熱住宅を手掛ける工務店のトップランナー。
実際に新井社長のもとに相談に来られる工務店も多いそうです。

地元を中心にお仕事をされていて「地域に必要とされる工務店」と言った印象でした。

新井社長は外見そのままのやさしいお人柄。
貴重なお時間を割いてご案内して頂きました。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築


by   at 18:12  | Permalink  | Trackbacks (0)