「Daily Lives Niigata」(デイリーライブズ新潟)さんは新潟の住まいや暮らしを紹介するWEBマガジン。
ライターでありカメラマンでもある鈴木亮平さんが自ら取材、撮影をし記事を作成されています。
学生時代に建築を学んだという鈴木さんの独自の視点で書かれる記事は、新潟の「住まい」や「暮らし」について幅広く書かれており読みごたえがあります。


この度
・7月に竣工した「上木戸の家」(設計:高橋良彰建築研究所)
・10月に竣工した「中野のエスネル」(設計:エスネルデザイン)
の2件を取材して頂きました。
どちらも床面積は28坪ほどでほぼ同じ大きさでありながら、立地条件やお施主様のご要望、設計者の考えなどから全く違った雰囲気となっています。
鈴木さんの視点で分析された両物件の記事、ぜひお読みいただければと思います。^^

「上木戸の家」記事/デイリーライブズ新潟
「中野のエスネル」記事/デイリーライブズ新潟

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。