阿賀野市のささかみやまびこ農産さんで7月に行われた草取りに参加してきました。
こちらは前回UPした田植え体験をさせてもらった田んぼ。

無農薬 お米
田植えから約1か月、立派に稲は成長していました!

無農薬 お米
まずは草取りの前に生き物調査。
網を持ってそれぞれが捕獲します。
この田んぼに来てまず驚くのはトンボの多さ。種類もさまざま。
これは幼虫のヤゴの餌になるオタマジャクシが多いことによるものだそう。

無農薬 お米
パッと見、土と水と草しか入っていないように見えますが約10種類もの生き物がいます。

無農薬 お米
生き物図鑑で確認し、シートに記入。
多い人は20種類近く捕まえたようでした。

無農薬 お米
田んぼ脇のビオトープのトノサマガエル。
このビオトープ、毎回子どもが落ちます。(笑)

無農薬 お米
その後本来の目的の草取りへ。
子供たち頑張ってた!

約20人で1時間ほど作業しましたが、半分も終わらず。
除草剤であれば数千円の物1本で終了だそう。
無農薬で作るって大変なんですね…。

無農薬 お米
最後はまたごちそうになってます。
やまびこ農産さんで作っている笹神産のお蕎麦。
おいしくてたくさん食べてしまいました。

今回も、大人も子供も楽しめる良いイベントでした。
色々考えさせられ、視野がほんの少し広くなった気がします。
秋に予定されている稲刈りにもぜひ参加させてもらおうと思っています。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。