トップページ » 2018年10月

越後杉の現場検査。

新栄町の家では新潟県産材である越後杉を構造に使用しており「ふるさと越後の家づくり事業」の助成金を活用しています。
この度、新潟県の林業振興課の方が現場に来られ杉材の納品確認を行いました。

「ふるさと越後の家づくり事業」を利用する際、建物のどの部分にどんな寸法の杉材を使用したかを記した図面の提出が求められます。
その図面に照らし合わせ、間違いが無いか確認をしていきます。

18101801.jpg
図面と照らし合わせ寸法を確認。
特に指摘事項など無く検査は無事終了しました。^^

越後杉に関しては8月に検査の不備を指摘する報道がありました。
これは、一部の工場で材料を出荷する段階での検査が適正に行われていなかったことがわかった、というもの。
宮崎建築でも越後杉を使用しているので取引先の製材工場にすぐに連絡。
「当工場では間違いなく検査を行っています。」との返答を頂き、検査の記録も一部見せて頂きました。
取引先の製材工場ではまずそのような不備はないだろうと考えてはいましたが、しっかりとした返答を頂き安心することが出来ました。
しかし、検査の不備が一部の工場であろうと、越後杉全体の信頼を損ねることになりかねず残念なことです。

新潟の家新潟の山の木でつくることは、森林の保全や地域の経済にとっても良い影響があり、何より「気分がよい」と個人的には感じています。^^

現状は検査体制もしっかりと整ったそうです。今後は越後杉の活用がさらに進めば嬉しいことと考えています。


by   at 08:18  | Permalink  | Trackbacks (0)

阿賀野市旧五十嵐邸を登録有形文化財に!

阿賀野市にある旧五十嵐邸は築100年以上にもなる豪農の邸宅。
近年は「五十嵐邸ガーデン」として、レストランや結婚式場などに活用され地域内外の方から親しまれています。
その旧五十嵐邸を登録有形文化財に登録しようという活動が始まっています。

18101101.jpg
※クラウドファンディングHPより抜粋

登録有形文化財とは
・築50年以上経っていること
・歴史的景観や造形に優れること
・再現が容易でないこと
等を選考基準とし、文化財登録制度により登録されます。
阿賀野市では村杉温泉の「環翠楼大正の間」や、出湯温泉の「清廣館本館」などが既に登録されています。
ただ、文化財登録には現地調査や申請書類の作成に費用がかかるため簡単に進めることはできない面もあります。

この度、阿賀野市で設計事務所を主宰される建築士の星井栄吉さんがクラウドファンディングにより文化財登録の費用を集める活動を開始されました。
古くから地域に親しまれてきた建築物を守るための素晴らしい活動と私は思っています。
「阿賀野市にある五十嵐邸を地域の名所に!」

ご興味のおありの方、ご支援いただければ幸いです。^^


by   at 04:49  | Permalink  | Trackbacks (0)

杉板で作る外部収納。

宮崎建築の事務所では、これまでスコップや鎌など室内に持ち込みにくい道具類を軒下などに置いていました。
しかし、道具が雨ざらしになってしまうこともあり、保護や整理の目的で簡単な外部収納を作ってみました。

物置 木
道具をまとめていた場所が玄関脇ということもあり見た目もあまりよくない。(^_^;)

物置 木
外壁の端材なども活用し囲いを作り…。

物置 木
内部には簡単な棚を取付け…。

物置 木
建具も取付けスッキリ収納できました!
屋根を板金張りにすれば耐久性も向上しますが、杉板でも必要十分な機能があると考え外壁と合わせました。

物置 木
改良の余地もありますがまずまずの使い勝手。
外部収納、簡単なものでもあると便利です。^^

by   at 06:22  | Permalink  | Trackbacks (0)

建て方を行いました!(新栄町の家)

「新栄町の家」建て方を行いました。
頻発する台風の影響も気になりましたが、天候は快晴。
建て方後もしばらくは良いお天気が続くようで助かります。^^

18100901.jpg
新栄町の家は4間×4間の総2階部に下屋、ポーチが取り付く形状で架構もシンプル。

18100902.jpg
初日の10時には2階床組みがほぼ完了。

18100903.jpg
格子状に組まれた梁に構造用合板を貼ることで床構面を形成します。
地震や風に対する構造というと筋かいや耐震ボードなど壁の補強をイメージしますが、床や屋根などの水平構面も非常に重要です!

18100904.jpg
施工された合板はすぐさま養生をし、水や汚れなどから保護。

18100905.jpg
2階床が張られた後、柱を建て小屋組みへと進みます。

18100906.jpg
2階屋根下地。

18100907.jpg
1階の屋根が取り付く部分は構造用面材(モイス)を先行して施工。
新栄町の家は付加断熱を行うためモイス外側に100㎜のグラスウールを併せて施工します。

18100908.jpg
モイスや付加断熱を部分的に施工した後、ようやく1階屋根を取り付けることが出来ます。

18100909.jpg
建て方の作業は順調に進み予定よりも作業を進めることが出来ました!


by   at 07:14  | Permalink  | Trackbacks (0)