トップページ » 2016年08月

山梨‐長野 建築探訪の旅②

建築探訪の旅②

次なる目的地は山梨県北杜市「清春芸術村」。

建築探訪
会館15分前に到着。気合が入っています。

建築探訪
門から入り正面にあるのがこの「ラ・リューシュ」。
建築家のエッフェルが設計した建物を再現してアトリエとして清春芸術村に建てられたもの。オリジナルはパリにある。
多角形の3階建て。大きな建物で構造や間取りも気になりましたが訪れた日はイベントのため内部の見学は出来ず。

建築探訪
「茶室 徹(てつ)」  設計 藤森照信
藤森建築に触れるのは今回が初めて。
カマキリの卵のように木と一体化しているこの茶室を見て、建築に対する既成概念を壊されるような思いがしました。
一枚一枚手作業で叩きのばしたと思われる鉄板を重ねて葺いた屋根の質感には感動しました。

建築探訪
「光の美術館」  設計 安藤忠雄
自然光を利用した美術館で内部は非常灯以外の照明は無し。
設計の工夫について案内の方のお話を聞くことが出来、楽しい時間を過ごせました.。
写真手前が安藤建築、奥に藤森建築。不思議な味わいがあります。

建築探訪
「梅原龍三郎アトリエ」 設計 吉田五十八
芸術村の隅にひっそりと建つ木造平屋のアトリエ。数寄屋の雰囲気もあり。
こちらは外観のみの見学。

建築探訪
「清春白樺美術館」 設計 谷口吉生
外観は1階建てのようですが2階建て。
高さを抑えているが開放感があり心地よい。長居をしたくなる空間でした。
開催中の東山魁夷展も良かった。

建築探訪
「ルオー礼拝堂」 設計 谷口吉生
美術館と同じく谷口氏による設計。
礼拝堂という事もあり中に入ると厳かな気持ちになり自然と背筋が伸びるような思いになりますがピリピリとしたものではなく柔らかい雰囲気。

建築探訪
芸術村隣にある「冬青庵」という建物。
敷地の外からのみ見学しましたがなんと塀が竹ほうき!

同行の八木さん、石山君の二人は実測しメーター単価を算出していましたがどこかでやるつもりか!?(笑)

清春芸術村、これだけの建築を一カ所で満喫できる場所はなかなかないのでは?
建築関係者は半日時間をとっても楽しめる場所と思います。

つづく

木の家の新築・リフォームなら…
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 23:26  | Permalink  | Trackbacks (0)

山梨‐長野 建築探訪の旅①

関ブロ山梨大会の参加に合わせ近隣の建築を探訪してきました。
こちらも毎年恒例行事となりつつあります。

コーディネーターは北蒲原支部の建築知恵袋的存在、八木大志建築設計事務所の八木さん。
(「押切の家」では基本設計を担当していただきました。)

初日は大会会場の近隣を軽めに散策。
まずは吉村順三氏設計の八ヶ岳音楽堂へ。

建築士会

建築士会
別荘地を奥へ奥へ。
駐車場に車を停め歩くこと数分。八ヶ岳音楽堂が姿を現します。
銅板葺の大屋根が印象的な外観ですが、風景に溶け込んでいます。

中を覗き込むとカラマツと思われる構造材、内装材が温かみがあり四方がガラス張りのため周辺の緑とも一体感がある。
座席は吉村氏設計の「たためる椅子」。
こんなところで演奏を聴くことが出来たらさぞかし気持ちがよいだろうと思いました。
事前に申し込むと内部も見学させて頂けるそうですが当日は休館日。

帰り道、某有名建築家が設計した別荘を目にするという幸運にも恵まれました。


2日目は山梨~長野をたっぷりと探訪。
2日目。
1カ所目は北杜市にある三代校舎ふれあいの里。

建築士会
同一敷地内に明治、大正、昭和それぞれの年代に建築された木造の校舎が並んでいます。
広い校庭に桜並木。
昭和50年代より以前に小学生だった人たちの多くは懐かしさを感じる風景ではないでしょうか。

建築士会

建築士会
明治校舎(山梨県指定文化財)
日本最古の年代の擬洋風建築とのことで現在は資料館&カフェとなっている。
大正、昭和校舎は外観から学校であることを察することが出来るが明治校舎は雰囲気が違います。
明治校舎のみがなぜ擬洋風建築となったのか、経緯が気になりましたが今回は外観のみの見学。

建築士会
大正校舎
平成10年に新築復元。現在は農業体験施設として活用されている。

建築士会
昭和校舎
平成12年建替え。現在はイタリアンレストランとなっている。

三代校舎ふれあいの里を訪れて。
実際に訪れてみて建築当時のまま保存されていたのは明治校舎のみであったことが少し残念でしたが、山間の地で年代ごとに校舎を新築し近年まで保存されていたのはなぜか。子供が多かったのか産業は何か。当時はすごく活気があったのだろうと想像し、興味がわきました。

つづく。

木の家の新築・リフォームなら…
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 10:33  | Permalink  | Trackbacks (0)

関ブロ山梨大会へ。

6月に建築士会の恒例行事、関ブロ大会に参加してきました。
(正式名称は「関東甲信越建築士会ブロック会青年建築士協議会山梨大会」と舌を噛みそうなほど長い。)

今年度は山梨大会。
山梨県は初めて訪れましたが新潟からの交通アクセスがあまり良くなく車で4時間半ほどかかりました。

会場は清泉寮という由緒正しい施設で今大回のテーマである「建築合宿」にふさわしい場所と感じました。
高原にあるため移動は大変ですが、食べ物がおいしく乳製品や自然食品、天然酵母パンなどが充実しておりお土産物も目移りします。


関ブロ山梨大会
清泉寮外観。キリスト教由来の施設のため至る所に十字架を目にします。

関ブロ山梨大会
名物であるという清泉寮ソフト。これを手に持ち富士山をバックに写真を撮るのが基本らしく何人もの人がこのアングルで撮影していました。
お味は割とさっぱり目。地元阿賀野市のヤスダヨーグルトソフトの方が私の好み。

関ブロ山梨大会
まじめに研修もしています。
各県の青年部の代表による活動発表。
それぞれが地域に生きる建築士として問題意識を持ち行動している姿に感銘を受けました。
新潟県代表の南魚沼支部の発表も堂々としたものでした。
南魚沼支部では青年部会メンバーを中心にstudi-h5(スタジオエチゴ)という名の建築士ユニットを結成しており、年々進化する活動内容は新たなステージに入っていることを感じさせます。

また今年度は直前に発生した熊本地震で調査診断を行った建築士の方より報告がありました。
中越地震、東日本大震災と大きな災害が数年おきに発生する中気持ちが引き締まるとともに災害の発生から復興における地域性なども考えさせられました。

木の家の新築・リフォームなら…
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 12:16  | Permalink  | Trackbacks (0)

文化財の防災について考える。@小澤家住宅

8月6日、ヘリテージマネージャー養成講座に参加してきました。

この講座は6月から開催されており月2回の全11回。現在までで5回の講義を修了しています。

・「ヘリテージマネージャー」って何?
ヘリテージ=遺跡、遺産
マネージャー=専門家
つまり、「歴史的建造物の専門家」という意味で、地域の歴史的建造物の保全、活用を行っていく人材の育成を目的としています。

これまでの講義の主な内容は古い建物を調査する際の方法や考え方。
社寺仏閣などは現代の木造住宅とは異なる考え方で作られたことは容易に想像できますが講義を受けるなかで町屋や農家住宅も現代の価値観とは全く違うもので作られたことがわかります。
また、建築の知識だけではなく近隣の歴史や当時の経済状況も知らなければ正確な調査が出来ないことも知りました。

小澤家住宅
新潟市指定文化財 小澤家住宅


・今回の講義の内容は文化財の防災
8月6日の講義は新潟市の小澤家住宅にて行われました。
内容は文化財の防火や耐震。
歴史的建築物は木造がほとんどで防火に対して特にしっかりとした対策が必要です。
また不特定多数の方が利用するため一般住宅では目にすることの無い防災設備を使用する事も多いとのこと。

・印象に残った言葉。
文化財の防災計画の第一人者であるという先生のお話。
本来人目に付くところに設置しなければならない警報装置。ある施設で隠すように設置してあるのを目にしたそうです。
「建築士さんは設備を隠すのが大好きだから。」
と先生からの苦言。
私も設備を目立たない位置に配置することは設計において基本的な事と認識していました。しかし、防災設備の場合目につかないところに配置したのでは用をなさない場合もある。
不特定多数の人が利用する文化財の場合は住宅以上に見た目のデザインだけではない計画が重要ということです。


小澤家住宅
講義の様子


・耐震補強の方法も特殊
耐震補強に関しても防火設備同様、住宅とは異なる補強、改修方法が用いられます。
鉄骨による補強やガラス制震壁、面格子壁など。雰囲気を損ねず安全も確保するよう工夫されています。

小澤家住宅
面格子壁。特殊な耐力壁だが雰囲気を損ねておらず違和感は無い。

小澤家住宅
鉄骨柱とブレース。こちらは目立ちます。
あえて色を薄くして強調しているようにも見える。

小澤家住宅
入口に入って正面の壁はガラス制震壁。開放感がある。

今回は小澤家住宅の細部を見学する時間は取れなかったので改めて訪れたいと思います。

P8060072.jpg

11月まで続くヘリテージマネージャー養成講座。今後も楽しみです!

木の家の新築・リフォームなら…
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 01:48  | Permalink  | Trackbacks (0)