3月1日から新潟県より「ふるさと越後の家づくり事業」の特別募集が開始されました。

この事業は、「越後杉」と呼ばれる新潟県産の杉材を一定量以上使用することで、30万円の補助金を受ける事ができるものです。(募集枠250棟)。
今回より、新潟県産の瓦を使用することで、10万円が加算されることになりました。(募集枠100棟)。
他にも35歳未満の方が施主様の場合や、越後杉の使用量を増やした場合などの条件がそろえば、最高で60万円の補助金を受ける事が出来ます。

越後杉
加茂の製材工場「緑の森」
こちらの工場では住宅100棟分くらいの「越後杉」のストックがあるそうです。

越後杉
スギの丸太をどんどん製材していきます。

越後杉
工場に伺った日は暖かくて、鳥がたくさん飛んでいました。

K様邸でも「越後杉」を、構造材などに使用します。
また、屋根材には「安田瓦」を使用するので、合計40万円の補助金が交付されることになります。
(K様邸は住宅エコポイントの対象にもなるので、エコポイントの30万と合わせると、実質70万円の補助金が受けられることになります。)

越後杉
宮崎建築の作業場に納材された「越後杉」。

先日、新潟県に申し込みをしてきましたが、その時点では20棟ほどの応募があったということでした。
3月1日より募集が開始され、まだ始まったばかりですが「どんな事業なのか気になる。」という方は、お気軽にお問い合わせください。

木の家の新築・リフォームの事なら…
  新潟県阿賀野市 宮崎建築

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。