トップページ » 新事務所

新事務所改修工事③

新事務所の改修工事、断熱編!
改修工事の場合断熱・気密工事は複雑になりがちですが、今回は壁や床を撤去しての改修のため比較的シンプルに施工できました。

断熱リフォーム
天井は吹込みにて断熱工事を行いましたが、一部下屋になっている箇所はグラスウール充填を選択。手作業にてグラスウールを充填していきます。

断熱改修

簡単そうですが、天井下地や電線のひしめく中隙間なくグラスウールを充填するのはなかなか大変な作業です。

断熱改修
一段下がった下屋部分に天井高を確保するべく土間の高さ、天井の勾配、断熱材の厚みなどを検討していきます。
各種要素のせめぎ合いです。(笑)
改修工事は既存の条件に合わせて工事を行う必要があるため新築以上に臨機応変さが求められます。

断熱改修
ダウンライトのためBOXを天井に埋め込んでおきます。
この勾配天井部は難所でしたが風山君、難なく納めてくれました。
さすがです!m(__)m

断熱改修
内部の断熱はいつもの仕様。
リフォームではおろそかになりがちな気流止めも確実に施工しています!

断熱改修
天井はセルロースファイバー吹き込み。
ブローイングマシンを搭載したトラックが到着!

18033107.jpg
〈施工前〉
点検口よりホースを引込み吹き込んでもらいます。
今回はセルロースファイバー300㎜!

断熱改修
〈施工後〉
電線や梁などの隙間もバッチリ吹き込んでもらいました。
いかにも暖かそうで満足、満足。^^

by   at 07:33  | Permalink  | Trackbacks (0)

新事務所改修工事②

新事務所の改修工事、つづきです。^^
屋根の葺き替えも終え構造の補強に進みます。

18033001.jpg
改修前はポーチになっていた部分の一部を室内とするため基礎の増設を行います。
赤線の部分に壁を作ります。

18033002.jpg
ジャッキにて梁を押え柱を一時撤去。
基礎工事を行います。

18033003.jpg
穴を掘り鉄筋を組んで…。

18033004.jpg
キレイな基礎が出来上がりました!!

18033005.jpg
その間に外部に使用する杉板を塗装します。
コストダウンを図るため妻と娘に作業を依頼。^^
使用した塗料はウッドロングエコ。
安全性が高い塗料なのでセルフ施工でも安心です!

18033006.jpg
外周面は構造用面材にて耐震補強!

18033007.jpg
付加断熱を行うためその上に下地を組み…。

18033008.jpg
断熱材を充填!
暖かそうです。^^

18033009.jpg
窓を付けタイベックを貼ったら外部の下地も終了。

180330010.jpg
ここまで来るのに半年以上かかりました~。(^_^;)

by   at 07:31  | Permalink  | Trackbacks (0)

新事務所改修工事①

前回のブログでお伝えさせて頂きましたが、宮崎建築は事務所を移転しました。

計画は1年半ほど前からスタート。
自宅兼旧事務所の迎えに使用されていない築30年の農作業小屋があったので「リノベーションして事務所にしよう!」ということに。^^
大きさも約15坪(30畳程度)でちょうど良い大きさでした。

工事前に現地調査をすると屋根に傷みは見られるものの骨組み、基礎とも健全。
断熱・耐震改修を施し事務所として活用することでお客様のリフォームなどの参考にもなるのではと考えました。

これから数回に渡り工事の記録をUPしたいと思います。^^

18032801.jpg
2016年9月
何年も管理されていなかったため土地は荒れ放題。ジャングルのようです。(汗)
農作業小屋はこの中にありますが全く見えません。
まずは20m以上に達している杉の木の伐採から始まりました。(20本以上あります。)

18032802.jpg
2016年12月
背の高い木は電線に掛かっているため電力会社に相談するとなぜか無償で伐採してもらえることに!ありがたや!!
木を切っていくと奥にうっすらと建物が見えてきます。

18032803.jpg
2017年3月
廻りの木もスッキリとし小屋の全貌が明らかに。
今までは木に囲まれ見えなかったため、ご近所さんの中にも「こんな所に小屋あったっけ?」という方がいらっしゃる程でした。(笑)

18032804.jpg
まずは解体工事。
屋根材、壁、床などを撤去。
一旦柱や梁等の骨組みの状態にします。

18032805.jpg
作業小屋だったため内装の仕上げも簡素で解体は比較的容易でした。

18032806.jpg
さっぱりしました!

18032807.jpg
まずは雨漏りのあった屋根の改修。
傷んだ下地の交換、補修を施します。

18032808.jpg
屋根板金貼り工事。

18032809.jpg
連続する横ラインが気持ちいい。^^
これでどんなに雨が降っても大丈夫!!

18032810.jpg
6月頃になると緑鮮やかでとっても気持ちが良いのです。
(夏になると草との戦いが始まるのですが…。(^_^;))

つづく。

by   at 07:27  | Permalink  | Trackbacks (0)

新事務所に移転しました!

宮崎建築では昨年の春頃より農作業小屋を事務所に改修する工事を行っておりました。

予定ではお盆前に完成し引越しをするつもりでしたが、現場の合間をぬっての工事のため大幅に遅れ今年1月ようやく工事を完了。(^_^;)
2月より片付けながらですが新事務所にて業務を開始することが出来ました。

改修前は使用されていない農作業小屋兼物置。
この建物をリノベーションし高断熱住宅とすることで「リフォームをお考えの方の参考になれば良いな。」という思いもありました。
今後工事の流れを振り返りながらご紹介していきたいと考えています!

18032601.jpg
玄関ポーチ 住宅っぽさをなくすため大きいガラスの物を採用。

18032602.jpg
外壁は杉板+ウッドロングエコ。
南面のみタテ貼り。

18032603.jpg
打合せスペース。

18032604.jpg
間仕切りは上部を解放させ空調、換気を行き渡りやすく。
奥が事務スペースなど。

18032605.jpg
南面の掃出し窓は左右で種類の違うガラスを採用。(左:普通ペアガラス 右:LOW-Eトリプルガラス アルゴンガス入り)
ガラスの色味、表面温度などの比較をわかりやすく行っています。
土間に映った影の色も違います。(土間の表面温度も2度ほど違います。ペア側が高い。)
18032607.jpg
サッシのカットサンプル。

18032608.jpg
断熱材のサンプル、測定機器や実験機器など。

18032606.jpg
高断熱住宅を建築する際に役立つ本など。

ちなみに事務所の移転先は旧事務所の道路をはさんでお向かいです。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。^^

by   at 11:29  | Permalink  | Trackbacks (0)