トップページ » 建築素材

「五頭の里の家」一年点検。

昨年4月にお引渡しをさせて頂いた「五頭の里の家」一年点検にお邪魔してきました。

玄関に入ると土間におかれた薪ストーブの炎がゆらゆら。
約50坪の家全体を暖かく包んでいました。

17031901.jpg
初めての冬を過ごしての感想をお聞きすると「家のどこにいても寒いという事がない。」とのこと。
ご家族が多いことから設計時に暮らしやすさを考えた行き止まりの無い間取りを計画していました。
そのことが人の動きやすさと共に空気の流れやすさにつながり、各部屋の温度差の解消につながっていると考えられます。
子供さんたちは冬だというのに普段は半袖で生活されているそう。
お話を聞いていて羨ましくなりました。^^


定期点検にお邪魔してまず気になるのは換気の状態。
五頭の里の家では3種セントラルを採用しております。
フィルターの状態を確認するととてもきれいでビックリ!
お話を聞くと、ご主人が定期的にメンテナンスをされているそう。
17031906.jpg
使用機種は日本住環境のピアラ。

17031901-1.jpg
窓枠と壁の取り合い部分などは木材の初期の収縮により隙間が生じます。
これは竣工から1~2年時に一度補修をすることでその後はほとんど発生しなくなります。

定期点検時の楽しみ?玄関ドアのオイル塗布。
一年間外部環境に耐えてくれた木部をメンテナンス。

17031902.jpg
今回は施主様と共に。
まずはサンドペーパーで下地調整。

17031903.jpg
オイルを塗りこんでいきます。
下部が塗布前、上部が塗布後。
メンテナンス後施主様と共に艶がよみがえった玄関ドアに見入っていました。

17031904.jpg
使用したオイルは玄関ドアに付属してきたオスモ。

その他建具の調整などを追って作業をさせて頂くことでこの日は終了。
定期点検はお施主様のご感想や素材の経年変化を見ることが出来る貴重な機会となっています。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 18:38  | Permalink  | Trackbacks (0)

床板④。

床板サンプルのご紹介。
今回は唐松です。
唐松は質感としては杉に近いですが少し硬めです。
表情も杉に似ていますが、木目がやや強く節も多いです。

松 フローリング 無垢

松 フローリング 無垢
唐松フローリング施工例。

床板①
床板②
床板③

座卓中心の生活の方には、松系はちょうど良い硬さではないかと思います。


阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 22:32  | Permalink  | Trackbacks (0)

床板③。

床板のサンプル。
今回は杉フローリングです。

杉フローリング 無垢
杉のフローリングの特徴は、何といっても「やわらかさ」「あたたかみ」でしょう。
床に直接座る場合などにお勧めです。
ただし、やわらかさゆえに傷などはつきやすいと言えます。

同じ無垢のフローリングでも前回紹介した「アッシュ」や「バーチ」とはかなり質感が違います。
また杉の場合は、節ありと節なしがあります。節なしの方が高価ではありますが、個人的には節があった方が好きです。

杉フローリング 無垢
杉フローリング施工例。

無垢のフローリングの場合、木目、色などの表情に加え、手触りなどの質感も樹種によって異なりますので、サンプルなどで実際に触れていただき決定しています。

床板①
床板②

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 10:37  | Permalink  | Trackbacks (0)

床板②。

床材のサンプルのご紹介。
今回はバーチ(樺桜)です。

バーチ 樺桜 フローリング

バーチは広葉樹なので硬い樹種にになりますが、前回紹介したアッシュと比較すると、若干柔らかいです。
明るく暖かい色味で木目も強すぎないので、優しい印象の空間になります。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 08:22  | Permalink  | Trackbacks (0)

床板①。

宮﨑建築では、フローリングには無垢の床板を使用しています。
合板フロアにはない質感や、深み、経年変化が楽しめる点などが理由ですが、永く使えるという意味でも無垢のフローリングは断然優れています。

床材を決定する際は、40センチ×40センチほどのサンプルで木目や色味、手触りなどを確認していただき、選んでいただきます。

フローリング アッシュ

写真は「アッシュ(タモ)」のフローリングです。
アッシュは色味が濃く、やや男性的で落ち着いた風合いです。
堅く耐久性が高い材質ですが、自然塗料仕上げとすることで、素足で歩いた時などでも温かみのある気持のよい質感となります。(これは無垢材全般に言えることですが。)

他のサンプルもブログにて紹介していきたいと思います。

アッシュ材施工事例①
アッシュ材施工事例②

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 05:10  | Permalink  | Trackbacks (0)

越後杉研修会@緑の森

先日、加茂市にある「緑の森」製材工場にて行われた研修会に参加してきました。
内容は「CO2削減を図った越後杉普及促進について」というものでした。

こちらの製材工場では、バイオマス燃料(丸太の端材など)を使った燻煙乾燥庫を昨年完成させましたが、それまでの石油を使った高温乾燥庫にくらべてのCO2削減量についての話が中心でした。

越後杉 燻煙乾燥
乾燥庫内に積み上げられた材量。煙で燻されたため表面が黒くなっています。

越後杉 燻煙乾燥
燃料となる端材。モクモクと煙を出しながら、1カ月ほどかけて乾燥させます。

地域材を使うことの意味の一つとして、遠くから材木を運んでくるときに比べて、輸送時に発生するCO2が少なくて済むということが言われますが、ヨーロッパなどでは製材、乾燥させるときに発生するCO2はとても少なく、日本に輸送したとしても、地域材を高温乾燥させた場合とあまり変わらないこともあるのだそうです。
それならばと乾燥方法を変え、燻煙乾燥とすることで、ヨーロッパの製材工場並みのCO2発生量となったということでした。

越後杉 燻煙乾燥
実験中だという「太陽熱による乾燥」こちらも興味深い。

今後は「高温乾燥」→「燻煙乾燥」と変わったことによる材量の質の変化にも注目していきたいと思いました。

木の家の新築・リフォームの事なら…
  新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 06:27  | Permalink  | Trackbacks (0)