トップページ » 建築士会

木構造のセミナーへ。

3/11、3/12の2日間、新発田市にある職業能力開発短期大学にて「木造住宅の構造再入門セミナー」が開催されました。
これは、建築士会の青年部が職能短大さんにお願いして行ったもので、建築基準法、品確法などに基づく構造の考え方をおさらいする内容です。

木造住宅の構造を設計する際、最低限クリアしなければならないものが建築基準法。
品確法はより詳細に検討を行うもので床倍率、積雪、準耐力壁等も考慮します。

H28年4月に発生した熊本地震では建築基準法に基づいて設計された住宅よりも、品確法に基づいて設計された住宅の方が被害が軽微であったとの報告もありました。

構造セミナー

構造セミナー

実際に新築住宅を設計する際は基準法のクリアで済ませることは少なく、構造計算や品確法の考え方を用いて設計しています。
それでも、基本的な考え方や、計算の根拠などをじっくりと再確認できたことで考えが整理されました。

実務上はソフトで計算する場合がほとんどですが、時々は手計算で行ってみることの大切さを実感した2日間でした。

木の家の新築・リフォームなら…
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 19:02  | Permalink  | Trackbacks (0)

関ブロ山梨大会へ。

6月に建築士会の恒例行事、関ブロ大会に参加してきました。
(正式名称は「関東甲信越建築士会ブロック会青年建築士協議会山梨大会」と舌を噛みそうなほど長い。)

今年度は山梨大会。
山梨県は初めて訪れましたが新潟からの交通アクセスがあまり良くなく車で4時間半ほどかかりました。

会場は清泉寮という由緒正しい施設で今大回のテーマである「建築合宿」にふさわしい場所と感じました。
高原にあるため移動は大変ですが、食べ物がおいしく乳製品や自然食品、天然酵母パンなどが充実しておりお土産物も目移りします。


関ブロ山梨大会
清泉寮外観。キリスト教由来の施設のため至る所に十字架を目にします。

関ブロ山梨大会
名物であるという清泉寮ソフト。これを手に持ち富士山をバックに写真を撮るのが基本らしく何人もの人がこのアングルで撮影していました。
お味は割とさっぱり目。地元阿賀野市のヤスダヨーグルトソフトの方が私の好み。

関ブロ山梨大会
まじめに研修もしています。
各県の青年部の代表による活動発表。
それぞれが地域に生きる建築士として問題意識を持ち行動している姿に感銘を受けました。
新潟県代表の南魚沼支部の発表も堂々としたものでした。
南魚沼支部では青年部会メンバーを中心にstudi-h5(スタジオエチゴ)という名の建築士ユニットを結成しており、年々進化する活動内容は新たなステージに入っていることを感じさせます。

また今年度は直前に発生した熊本地震で調査診断を行った建築士の方より報告がありました。
中越地震、東日本大震災と大きな災害が数年おきに発生する中気持ちが引き締まるとともに災害の発生から復興における地域性なども考えさせられました。

木の家の新築・リフォームなら…
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 12:16  | Permalink  | Trackbacks (0)

文化財の防災について考える。@小澤家住宅

8月6日、ヘリテージマネージャー養成講座に参加してきました。

この講座は6月から開催されており月2回の全11回。現在までで5回の講義を修了しています。

・「ヘリテージマネージャー」って何?
ヘリテージ=遺跡、遺産
マネージャー=専門家
つまり、「歴史的建造物の専門家」という意味で、地域の歴史的建造物の保全、活用を行っていく人材の育成を目的としています。

これまでの講義の主な内容は古い建物を調査する際の方法や考え方。
社寺仏閣などは現代の木造住宅とは異なる考え方で作られたことは容易に想像できますが講義を受けるなかで町屋や農家住宅も現代の価値観とは全く違うもので作られたことがわかります。
また、建築の知識だけではなく近隣の歴史や当時の経済状況も知らなければ正確な調査が出来ないことも知りました。

小澤家住宅
新潟市指定文化財 小澤家住宅


・今回の講義の内容は文化財の防災
8月6日の講義は新潟市の小澤家住宅にて行われました。
内容は文化財の防火や耐震。
歴史的建築物は木造がほとんどで防火に対して特にしっかりとした対策が必要です。
また不特定多数の方が利用するため一般住宅では目にすることの無い防災設備を使用する事も多いとのこと。

・印象に残った言葉。
文化財の防災計画の第一人者であるという先生のお話。
本来人目に付くところに設置しなければならない警報装置。ある施設で隠すように設置してあるのを目にしたそうです。
「建築士さんは設備を隠すのが大好きだから。」
と先生からの苦言。
私も設備を目立たない位置に配置することは設計において基本的な事と認識していました。しかし、防災設備の場合目につかないところに配置したのでは用をなさない場合もある。
不特定多数の人が利用する文化財の場合は住宅以上に見た目のデザインだけではない計画が重要ということです。


小澤家住宅
講義の様子


・耐震補強の方法も特殊
耐震補強に関しても防火設備同様、住宅とは異なる補強、改修方法が用いられます。
鉄骨による補強やガラス制震壁、面格子壁など。雰囲気を損ねず安全も確保するよう工夫されています。

小澤家住宅
面格子壁。特殊な耐力壁だが雰囲気を損ねておらず違和感は無い。

小澤家住宅
鉄骨柱とブレース。こちらは目立ちます。
あえて色を薄くして強調しているようにも見える。

小澤家住宅
入口に入って正面の壁はガラス制震壁。開放感がある。

今回は小澤家住宅の細部を見学する時間は取れなかったので改めて訪れたいと思います。

P8060072.jpg

11月まで続くヘリテージマネージャー養成講座。今後も楽しみです!

木の家の新築・リフォームなら…
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 01:48  | Permalink  | Trackbacks (0)

2015青年建築士研修会。

毎年恒例となっている青年建築士研修会に参加してきました。

午前中は各支部の意見発表。
北蒲原支部からは八木さんによる12月に行われた温熱研修会の報告。
基準への適合はもちろん、目に見えない温熱を数値化する事の重要性。結果を建主さんにどう伝えるか、どうプランニングに活かすか。今後への課題が見えた良い発表でした。
後半のパネルディスカッションは初めての試み。渡辺常務がコーディネーターとなり各支部の内容をさらに掘り下げて聞いていきます。
発表時間だけでは伝えきれない突っ込んだ内容まで話が及び興味深く聞くことが出来ました。

IMG_2419.jpg

続いて新潟建築賞の公開審査。
学生さんの古町改修計画のプレゼンに対する審査委員長みかんぐみ曽我部氏の鋭い講評。
見応えありました。

引き続き曽我部氏の基調講演。
地域の暮らしや歴史に積極的に関わってこられたプロジェクトの数々。
お話を聞くと、とても仕事を楽しんでいる事がわかります
建築は楽しい。聴講していた学生さんにもきっと届いたのではないでしょうか。

IMG_2422.jpg

夜は懇親会へ。他支部の方々との情報交換など。
研修、交流と大変充実した一日を過ごすことが出来ました。

by   at 06:49  | Permalink  | Trackbacks (0)

秋葉区文化会館へ。

秋葉区文化会館にて行われた建築家の新居千秋さんの講演会に行ってきました。
新居さんは新潟では江南区文化会館、秋葉区文化会館を設計された方です。

この建物を見てまず感じることはその存在感。
コンクリート打ちっぱなしの外観で重量感があります。
新居さんは講演のなかで「里山のような建築」と表現していましたが、確かに山のようです。

そして「どうやって型枠組んでるんだ?」と思わせるような複雑な形状。
特に内部に入ると感じます。
これは光の入り方や風の抜け方、音響など緻密な計算から決定された形状だという事で、施工の難易度も相当高いそうです。
型枠大工さんもCADを駆使して施工しているとか。

お話の中で印象に残ったのは公共建築を設計する難しさ。
様々な人の要望を取り入れ、市民とのワークショップを重ね、当初の計画から大きく変わっていく事も多いとのこと。
そしてその計画を予算内に収めていく。
気が遠くなりそうです…。

公共建築は建築を設計する力量の他にも求められるものがあるんですね。

秋葉区文化会館

秋葉区文化会館
ホールの複雑な形状の天井もコンクリート一発打ち込み。

秋葉区文化会館

秋葉区文化会館

秋葉区文化会館

普段聞くことができない貴重なお話がたくさん聞けて有意義な講演会でした。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 06:12  | Permalink  | Trackbacks (0)

カプラ。

私が所属する、新潟県建築士会北蒲原支部で「カプラ」の勉強会が行われました。
「カプラ」とは、フランス生まれの積み木のようなもので1:3:15の比率の板状の木です。
カプラに触ってまず驚いたのが寸法の正確さと材料の安定性。
反りや曲りが殆どありませんでした。
松を使っているということですがしっかり乾燥したものを丁寧に加工しているのだろうと思います。

R0014577.jpg
このようにコツコツ積み上げます。

R0014580.jpg
「ナイアガラ」
この後、下の方のカプラを1本抜くと滝のように崩れました。

R0014592.jpg
次は「カマクラ」。
円形に組んでいき…。

R0014598.jpg
屋根部分は少しずつすぼませていきます。

R0014607.jpg
完成。
組みあがるとがっしり安定感があります。

「カプラ」は子供のおもちゃということですが、大人も熱中します。
色々な建築物を再現したものもあるようで、折り紙建築にイメージが似ていると思いました。

今後小学校などでカプラを使ったイベントを計画していくということです。

by   at 18:26  | Permalink  | Trackbacks (0)

耐震診断士更新講習会。

3月、4月は年度替わりということもあっていろいろと講習会やセミナーの多い時期。
昨日と今日の2日にわたり新発田市の職能短大にて耐震診断士の更新の講習会に参加しています。
9時半から4時半×2日の長丁場。(汗)

耐震診断士に登録してから早や5年。
今まで10件ほどの耐震診断をさせていただきましたが、とても責任の大きい業務で日々の勉強も欠かせないと感じています。

初日は耐震診断の基本的な考えや計算方法などの復習。
耐震診断の基準となる書籍が2012年に改定となり、今までと壁の強さなどの評点が変わる部分も結構ありました。
今日はソフトを使っての実習。
こちらも書籍に合わせ2012年版に変わっているとのこと。
気合を入れて勉強してきます。

耐震

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 08:38  | Permalink  | Trackbacks (0)

H23青年建築士研修会。

3月5日に新潟市赤塚にあるメイワサンピアにて行われた、「青年建築士会研修会」に参加してきました。
この研修会は、新潟県建築士会の各支部の活動内容を、発表するものです。

私が所属する北蒲原支部では、昨年に引き続き、「失敗しない住宅設備の選び方」と題し、オール電化住宅や、都市ガスを使った住宅の光熱費の比較を行いました。

新潟県 建築士会
会場のメイワサンピア。お風呂が大きい。

新潟県 建築士会
北蒲原支部の発表。発表者は渡辺さん。

今回は、準備期間が短かったこともあり、内容を詰め切れず、突っ込んだ質問に答えることができなかった事が、反省点として上げられました。

阿賀野でつくる木の住まい
新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 06:04  | Permalink  | Trackbacks (0)

「阿賀野の匠 作品展」

新潟県建築士会 阿賀野分会で開催する「阿賀野の匠 作品展」の会場準備に行ってきました。
この作品展は
・阿賀野市に在住の職人技を持つ人の作品や写真パネルの展示。
・作品の販売。
・地産地消の家づくりの情報の発信。
…などを行うものです。

10.07.15%201.jpg
会場の「うららの森」。ユニークな外観。
ここのソフトクリームが好きです。(関係ない?)

うららの森 作品展

うららの森 作品展

うららの森 作品展

うららの森 作品展

うららの森 作品展
展示会場には木工製品や彫刻、写真パネルがズラリ!
「阿賀野市にこんな技を持った人がいたのか!」と、自分にとっても発見でした。

「阿賀野の匠 作品展」はただ今開催中です。(10月31日まで)
内容も1カ月ごとに更新される予定です。

ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?
近くに野菜の直売所や足湯などもあり結構楽しめます。
…ソフトクリームもおいしいですよ。^^

木の家の新築・リフォームの事なら…
  新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 21:56  | Permalink  | Trackbacks (0)

出前耐震講座

先日、イオン新発田ショッピングセンターにて開催された「小学生を対象にした出前耐震講座」に参加してきました。(新潟県建築士会北蒲原支部主催)

新発田市 耐震
講座の内容は「紙ぶるる」という、家の形をした工作キットを子供たちに作ってもらい、完成した模型を手で揺らし、地震の時に家がどのように揺れるかを実感してもらうものです。

新発田市 耐震
「紙ぶるる」の工作キット。

出前耐震講座の続きを読む

by   at 22:52  | Permalink  | Trackbacks (0)

青年建築士研修会

2月27日「青年建築士研修会」に参加してきました。
この会は、新潟県建築士会各支部の青年部会の活動内容を発表するものです。

私が所属する北蒲原支部では『失敗しない住宅設備の選び方』と題し、様々な住宅設備やエネルギーの中から最適な物を選ぶにはどうしたらよいか?ということについて、1月16日に行った講習会の内容を元に発表しました。(ちなみに発表者は私でした。緊張した~。)

新潟市 建築士会
会場の「NSGカレッジリーグ学生総合プラザSTEP」

青年建築士研修会の続きを読む

by   at 06:18  | Permalink  | Trackbacks (0)

建築士会講習会

私が所属している新潟県建築士会北蒲原支部 青年部会の講習会が「新発田ガスショールーム」にて開催されました。

新潟県建築士会北蒲原支部

建築士会講習会の続きを読む

by   at 06:18  | Permalink  | Trackbacks (0)