トップページ » 家づくり » 新栄町の家

「新栄町の家」構造見学会を開催します。

新栄町の家、構造見学会を開催します!
18111301.jpg

小さな暖房で家全体が暖かくなる家とそうでない家。
一体何が違うのでしょうか?
仕上げ材施工前だからこそわかる「暖かい家のつくり」をぜひ見ていただきたいと思います。^^

主なみどころ
・断熱材はどんなものを使っている?厚みはどのくらい?
・壁厚が通常よりもおよそ倍!220㎜厚の付加断熱。
・断熱材の性能を100%発揮させる施工法とは?
・高性能住宅に欠かせない熱交換換気システム。どんな仕組みになっている?
・暖かい家にするには隙間の無いつくりにすることが肝心。気流止めとは?
・床下暖房はどんな機器を使いどんな仕組みで暖まる?
…などです。


18111302.jpg
新栄町の家の断熱性能はHEAT20のG2グレードをクリア。
長期優良住宅の認定も取得し、耐震等級は2となっています。
断熱性能だけではなくしっかりとした構造も見どころ!

ちなみに新栄町の家では「地域型グリーン化事業」「ふるさと越後の家づくり事業」の2つの補助を活用し、150万円の助成を受けています。住宅の性能を向上させることでこのような助成金を活用することもできます!

当日は壁の中、天井裏、床下、すべて見ることが出来ます。
暖かい家のつくり、しっかりとした構造を是非ご覧ください!

日時:平成30年11月18日(日)10:00~15:00
場所:新潟市秋葉区新栄町
※今回の見学会はお申込み制とさせていただきます。
会場の住所はご連絡いただいた方にお知らせ致します。

お申し込みは下記よりお願い致します。
TEL 0250-63-0235(宮崎の携帯に転送になります。)
メール info@miyazakikenchiku.com

お気軽にご連絡ください。^^

by   at 14:45  | Permalink  | Trackbacks (0)

現場シート、設置しました!

「新栄町の家」現場シートを設置しました。

そう、今回は200㎜断熱のQ1住宅です。
わかりやすいですね!(笑)

高断熱 高気密 付加断熱

200㎜断熱のQ1住宅とは?

後日ブログにて解説をします。^^

by   at 20:52  | Permalink  | Trackbacks (0)

越後杉の現場検査。

新栄町の家では新潟県産材である越後杉を構造に使用しており「ふるさと越後の家づくり事業」の助成金を活用しています。
この度、新潟県の林業振興課の方が現場に来られ杉材の納品確認を行いました。

「ふるさと越後の家づくり事業」を利用する際、建物のどの部分にどんな寸法の杉材を使用したかを記した図面の提出が求められます。
その図面に照らし合わせ、間違いが無いか確認をしていきます。

18101801.jpg
図面と照らし合わせ寸法を確認。
特に指摘事項など無く検査は無事終了しました。^^

越後杉に関しては8月に検査の不備を指摘する報道がありました。
これは、一部の工場で材料を出荷する段階での検査が適正に行われていなかったことがわかった、というもの。
宮崎建築でも越後杉を使用しているので取引先の製材工場にすぐに連絡。
「当工場では間違いなく検査を行っています。」との返答を頂き、検査の記録も一部見せて頂きました。
取引先の製材工場ではまずそのような不備はないだろうと考えてはいましたが、しっかりとした返答を頂き安心することが出来ました。
しかし、検査の不備が一部の工場であろうと、越後杉全体の信頼を損ねることになりかねず残念なことです。

新潟の家新潟の山の木でつくることは、森林の保全や地域の経済にとっても良い影響があり、何より「気分がよい」と個人的には感じています。^^

現状は検査体制もしっかりと整ったそうです。今後は越後杉の活用がさらに進めば嬉しいことと考えています。


by   at 08:18  | Permalink  | Trackbacks (0)

建て方を行いました!(新栄町の家)

「新栄町の家」建て方を行いました。
頻発する台風の影響も気になりましたが、天候は快晴。
建て方後もしばらくは良いお天気が続くようで助かります。^^

18100901.jpg
新栄町の家は4間×4間の総2階部に下屋、ポーチが取り付く形状で架構もシンプル。

18100902.jpg
初日の10時には2階床組みがほぼ完了。

18100903.jpg
格子状に組まれた梁に構造用合板を貼ることで床構面を形成します。
地震や風に対する構造というと筋かいや耐震ボードなど壁の補強をイメージしますが、床や屋根などの水平構面も非常に重要です!

18100904.jpg
施工された合板はすぐさま養生をし、水や汚れなどから保護。

18100905.jpg
2階床が張られた後、柱を建て小屋組みへと進みます。

18100906.jpg
2階屋根下地。

18100907.jpg
1階の屋根が取り付く部分は構造用面材(モイス)を先行して施工。
新栄町の家は付加断熱を行うためモイス外側に100㎜のグラスウールを併せて施工します。

18100908.jpg
モイスや付加断熱を部分的に施工した後、ようやく1階屋根を取り付けることが出来ます。

18100909.jpg
建て方の作業は順調に進み予定よりも作業を進めることが出来ました!


by   at 07:14  | Permalink  | Trackbacks (0)

基礎形状は構造計算で。(新栄町の家)

「新栄町の家」基礎工事を着工しました!
利用を予定している補助金「地域型グリーン化事業」の採択が遅れ着工を待つ形となっておりましたが補助金も無事採択、晴れて着工となりました。

新栄町の家は地盤調査を行った結果「地盤改良不要」の判定。
新潟県では地盤改良不要な立地はむしろ少数なので幸運です。^^
もちろん、地盤調査の結果に基づき構造計算を行い基礎構造を決定する必要はあります。

18091004.jpg
新栄町の家は南側が遊歩道で水路もある好立地。
境界部には植栽も施されています。

18091001.jpg
まずは掘削。
あらかじめ出しておいた基準に沿って穴を掘っていきます。

18091002.jpg
掘削を終え防湿シート、捨コンを施工。
鉄筋組みの作業に入ります。
鉄筋組みは3人の職人さんで1日で完了。
みるみる組みあがっていきます。早い!

18091003-1.jpg
しっかりと組み上がった鉄筋ですが、鉄筋の太さや間隔は構造計算によって決定しています。
↑写真の赤枠と青枠、「スラブ」という基礎の床にあたる部分ですが建物を面で支える大切な役割を持ちます。
それぞれ鉄筋の間隔が同じでは無いことが確認できると思います。鉄筋の量が多い青い区画の方が強度がある事を示しており、建物の形状や荷重により決定してくる部分です。

18091003.jpg
構造の安全はもちろんですが、施工性や費用対効果を考え基礎形状を決定しています!

by   at 05:53  | Permalink  | Trackbacks (0)

「新栄町の家」地鎮祭。

「新栄町の家」地鎮祭を行いました。
当日朝方は雨が残っていましたが、地鎮祭が始まる頃には上り幸先のよいスタートとなりました。
18070901.jpg

「新栄町の家」の建築地は遺跡が発掘されるエリア。
事前に新潟市に照会したところ工事着手前に調査が必要との回答。
1ヵ月程の期間で入念に発掘調査が行われました。
調査期間に何度か見学に伺いましたが、およそ1200年前の生活の跡がはっきりとわかり大変勉強になりました。
18070902.jpg

その後埋戻しを行い地盤調査へ、結果は「安定した地盤」とのこと。
基礎形状を考慮する必要はありますが地盤改良は不要との判断となりました。

現在、長期優良住宅申請や構造計算など着工準備を進めています。
今月末着工予定です!

by   at 09:56  | Permalink  | Trackbacks (0)