トップページ » 家づくり » 山谷町の家

外部の下地、窓の取付など

山谷町の家、建て方を終えた途端に寒波がやってきました。
今年の冬は本当に厳しい!日中の気温が0度以上にならない日も珍しくありません。

18020501.jpg
柱や梁などを貫通する金物部分はしっかりとウレタン処理。

18020506.jpg
雪が本降りになる前に何とか屋根の下葺を終えることが出来ました。

18020503.jpg
今回は東西南面はペアガラス(APW330)北面はトリプルガラス(APW430)の使い分け。
費用対効果の高い組み合わせとなっています。

18020504.jpg
玄関ドアも取付けました!

今後は建物の中の工事がほとんど、少し楽になります。
早く断熱工事をしたい!^^

by   at 20:19  | Permalink  | Trackbacks (0)

寒波の後の建て方。(山谷町の家)

山谷町の家、建て方を行いました。
先週末の大雪がうそのような快晴!
お施主様の日頃の行いの賜物でしょう。感謝!

IMG_7600.jpg
敷地内の雪もほぼなくなり絶好の建て方日和。^^

IMG_7605.jpg
まずは一階の柱を建てていきます。

IMG_7608.jpg
2階床廻りの梁を掛けます。
今回建て方は7人で行いました。
クレーンがあるため苦も無く作業を行うことが出来ますが人力で行っていた時代は危険も伴い大変な作業だったと思います。今でもクレーンが入れない狭小地などで人力で建て方を行う時はありますが人数を増やしたり、長い材料を使わずに済むよう設計段階から工夫したりします。

IMG_7614.jpg
2階床梁を掛けたら下地合板をならべます。
足場も良くなり安全性、作業性もUP。

IMG_7616.jpg
雨水や汚れから下地合板を守るためしっかりと養生をします!

IMG_7601.jpg
18日朝。

IMG_7659.jpg
19日朝

1日足らずで何もない所に2階建ての家が出現。
お施主様やご近所様にも「早いですね~。」とお声掛け頂きましたが、私自身何度見ても同じ感想を抱きます。^^

今後は屋根の下地、壁の下地へと進みます!


by   at 20:40  | Permalink  | Trackbacks (0)

基礎断熱の場合の土台敷き(山谷町の家)

12月に基礎コンクリートを打ち込み養生をしていた山谷町の家、18日からの建て方に向け土台敷きを行いました。
寒波も過ぎ去り天候はくもり。土台敷き日和となりました。^^

IMG_7582.jpg
綺麗にコンクリートが打ち込まれた基礎。
敷地に高低差があるため一部深基礎となっている。

IMG_7584.jpg
山谷町の家は床下エアコンによる全館暖房。よって基礎断熱方式となります。

基礎断熱の場合、土台と基礎を密着させる必要があるため気密パッキンを使います。
パッキンにはジェイベックのレール120を使用。
使用されている発泡ゴムが適度に柔らかく段差になりくいうえしっかりと密着します。

IMG_7592.jpg
まずはレール120を敷き込み…。

IMG_7593.jpg
そこに土台を乗せ、挟み込みます。

IMG_7594.jpg
パッキン材により、隙間がなくなっています!
アンカーボルトを締めることにでさらに密着します。

IMG_7596.jpg
土台敷き、無事完了。^^

IMG_7597.jpg
翌日、材料も搬入され建て方を待つのみです!

by   at 07:35  | Permalink  | Trackbacks (0)