トップページ » 家づくり » 山谷町の家

仕上げ材、施工前だからわかること。

「山谷町の家」構造見学会を開催しました!
(川柳みたいなタイトル。(笑))

当日は新築を検討されている方など数組のご来場を頂きました。
見学会開催中は風が強かったのですが建物の中に入って来られた方は、仕上げ材も貼られていないのに風の音があまり聞こえず静かである事に驚かれていました。
18032301.jpg
強めの風の中、ノボリは景気よくはためいておりました。(^_^;)

18032302.jpg

18032307.jpg
展示スペースでは断熱材や樹脂サッシのカットサンプル。高断熱住宅を建築する際に役立つ書籍や雑誌などを置かせて頂きました。

18032303.jpg
外周面の一部はあえて断熱材を未施工とし、壁厚の中いっぱいに断熱材が充填される様子もご確認頂きました。
グラスウールというとフワフワとした綿のようなイメージを持たれる方もおられますが実際に触れてみるとやや硬めでコシもあります。壁の中で沈下したりヘタったりする事もありません。
ただし、何十年もの間、断熱材の性能を劣化させないためには床下や天井裏から壁体内への空気の流入を防ぐ必要があります。それが「気流止め」です。
「気流止め」についてもこちらでご説明させて頂きました。

18032304.jpg
天井下地の石膏ボードもあえて未施工の部分を残しました。
セルロースファイバーを隙間なく充填している様子も確認頂けたと思います。

18032305.jpg
こちらは天井点検口。のぞき込むと…。

18032306.jpg
セルロースファイバーを吹き込んだ様子を見ることが出来ます!
これはなかなか見れません。^^


来場いただいた方の声
ご来場いただいた方からは「最近の家づくりはこうなっているのか!昔とはずいぶん違いますね。」「これは暖かいはずですね!」と嬉しいお言葉もいただきました。


建築関係の方も
また、今回は建築関係の方も数組いらっしゃいました。
私たちの普段の仕事が同業の方の参考になるならば嬉しいことです。
色々と情報交換などさせて頂きこちらも勉強をさせて頂きました。


ご来場いただいた方へ
このたびは宮崎建築の構造見学会にご来場いただきありがとうございました。
宮崎建築は小さな工務店のため人員も限られております。
折角ご来場いただいたのに、十分にご説明できなかった部分もあるかと思います。
何卒、ご容赦いただければ幸いです。

「山谷町の家」の断熱、構造の仕様は宮崎建築の標準的な仕様となっております。
仕上げ材施工前にご覧いただけたことで弊社の家づくりへの考えを少しでも知っていただくことができたなら嬉しく思います。
5月には完成見学会も予定しております。しっかりとした構造の上、どのような仕上げ、空間となるのか、ぜひご来場いただきお確かめ下さい。^^

ご見学いただいた内容や、お渡しした資料の中でご不明な点などございましたらいつでもご一報ください。
TEL 0250-63-0235
Mail info@miyazakikenchiku.com
宮崎携帯 090-2409-1462

今後ともよろしくおねがいいたします!

by   at 18:26  | Permalink  | Trackbacks (0)

断熱材を隙間なく施工するだけでは片手落ち?

「山谷町の家」天井断熱材の吹込み工事(ブローイング工事とも言います)を行いました。
使用したのはセルローズファイバー、厚さは30センチです!
天井裏は電気配線や梁、天井下地が複雑に入り組んでいるため手で敷きこむ場合はかなり慎重に作業をしないと断熱欠損が生じてしまいます。
細かく砕いた古紙が原料のセルローズファイバーなどの吹込み工事は小さな隙間にも充填されやすく断熱欠損は生じにくいと言えます。

18031901.jpg
朝一番にブローイングマシンを搭載したトラックが登場。
天井裏までホースを引き吹込み工事の準備を進めます。

18031902.jpg
荷台に積みこまれたこの袋にセルローズファイバーが入っています。
山谷町の家は屋根が大きめなので80袋近く使います!(スゴイ量!!)

18031903.jpg
通常の天井部分であれば職人さんが小屋裏に入り吹き込み作業を行います。
写真のように勾配天井などの場合は、一旦防湿シートをカットしホースを差し込んで吹き込みます。

18031904.jpg

18031905.jpg
右側が吹込み前、左側は吹込み後。
パンパンに入っています!


吹込み工事が終わると断熱工事もほぼ完了。
無事、21日の構造見学会を迎えることが出来ます。^^

18031906.jpg
構造見学会のチェックポイントを少し。
この写真、断熱もきれいに入っていてGOODですね。
しかし、見てほしいのは…。

18031907.jpg
ココです!
天井裏になる部分の防湿シートを木でしっかりと留め付けています。(テープの場合もあります)
断熱材の性能を100%発揮させるためには壁の中の空気を動かさないことが大切です。
ここをしっかりと留付けることで断熱材本来の性能を引き出すことが出来るようになります。
これを「気流止め」と言います。

ダクト廻りのテープ処理もきれいです。^^

他にもポイントはいくつかあります。
厚い断熱材を隙間なく施工するだけでは片手落ち。断熱材の性能を100%引きだす各部の処理が大切なのです。


《構造見学会のお知らせ》
今回のブログで書いた内容、現地で見ることが出来ます。
暖かい家をつくるための必須条件「気流止め」をご確認下さい!

日時:平成30年3月21日(水)10:00~15:00
場所:新潟市秋葉区山谷町
※今回の見学会はお申込み制とさせていただきます。
会場の住所はご連絡いただいた方にお知らせ致します。

お申し込みは下記よりお願い致します。
TEL 0250-63-0235(宮崎の携帯に転送になります。)
メール info@miyazakikenchiku.com

お気軽にご連絡ください。^^

by   at 23:04  | Permalink  | Trackbacks (0)

「山谷町の家」構造見学会を開催します!

山谷町の家、構造見学会を開催します!

小さな暖房で家全体が暖かくなる家とそうでない家。
一体何が違うのでしょうか?
仕上げ材施工前だからこそわかる「暖かい家のつくり」をぜひ見ていただきたいと思います。

主なみどころ
・断熱材はどんなものを使っている?厚みはどのくらい?
・断熱材の性能を100%発揮させる施工法とは?
・高性能住宅に欠かせない熱交換換気システム。どんな仕組みになっている?
・暖かい家にするには隙間の無いつくりにすることが肝心。どのように施工されている?
・床下暖房はどんな機器を使いどんな仕組みで暖まる?
…などです。

18031305.jpg

ちなみに山谷町の家は長期優良住宅で耐震等級2となっています。
断熱性能だけではなくしっかりとした構造も見どころ!

当日は壁の中、天井裏、床下、すべて見ることが出来ます。
暖かい家のつくりを是非ご覧ください!

日時:平成30年3月21日(水)10:00~15:00
場所:新潟市秋葉区山谷町
※今回の見学会はお申込み制とさせていただきます。
会場の住所はご連絡いただいた方にお知らせ致します。

お申し込みは下記よりお願い致します。
TEL 0250-63-0235(宮崎の携帯に転送になります。)
メール info@miyazakikenchiku.com

お気軽にご連絡ください。^^

by   at 04:47  | Permalink  | Trackbacks (0)

ガルバ外壁、杉の床板、熱交換換気。

今回のタイトルは現在の現場状況を表す素材やシステムを列記してみました。^^
何か、現代の家づくりを感じさせます。
比較的新しい素材と古くからある素材。
耐久性、心地よさ、性能…。

今日は最高気温が15度以上になり春の訪れを感じることが出来ました。
日が沈むのも一日一日と遅くなりなんだか毎日得した気分です。♪

18031302.jpg
「山谷町の家」板金部分はほぼ完了!窓廻りのコーキング処理などを残すのみ。

内部では床貼り工事が進んでいます。
今回は杉(節あり)フローリング。
18031303.jpg

18031304.jpg
杉は無塗装の状態でもナチュラルな艶があります。
なんといっても足あたりの良さが特徴。
はだしで歩いたときの心地よさは何とも言えません。^^

18031306.jpg
熱交換換気も設置完了!


by   at 23:32  | Permalink  | Trackbacks (0)

春は近い?山谷町の家外壁張り。

先週末の台風並みの風で現場廻りの雪もすっかり溶け、随分と作業がしやすくなりました。
さすがに冬将軍も去り、寒暖を繰り返しながら春に向かっていく事でしょう。
ここまで春が待ち遠しい冬も初めてかもしれません。(^_^;)

山谷町の家では外壁張りが進んでいます。
宮崎建築では定番のガルバリウム鋼板角波。
総2階部分も1枚物で張ることが出来、縦方向の継ぎ目も無いので耐久性も高く見た目もスッキリとしています。
18030601.jpg

ただ、長いものは8mほどに達するので最低でも3人がかりでの作業となります。
板金屋さん、ご苦労さまです!
18030602.jpg

18030603.jpg

張り上りはシンプルでカッコよい♪
玄関廻りは杉板張りとなります。
外壁工事が完了し足場が取れるのが楽しみです。
18030604.jpg

雨樋はタニタのスタンダード半丸。(ガルバニウム製)
塩ビ製の雨樋よりもコストはアップしますが交換のサイクルが伸びるため長い目で見るとコストダウンになると考えています。
雨樋の交換は作業自体はそれほど大きな工事では無いですが、足場が必要になる場合が多くまとまった費用が掛かることも多いのです。

18030605.jpg
吊り金具が見えない構造となっているため主張しないデザイン。GOODです。^^

by   at 12:40  | Permalink  | Trackbacks (0)

断熱工事の大切さを知る冬。

2月も後半となり雪も落ち着き寒さが少しづつ緩むのを感じています。
…といってもまだまだ寒い!

山谷町の家では断熱工事が進行していますが冬の現場では断熱・気密の大切さをを痛感します。
断熱材が入っていくにつれ現場内は暖かくなっていき作業もしやすくなるのです。
「熱を逃がさないって大事だな~」と心から思う瞬間です。(笑)

18022601.jpg
山谷町の家は床下暖房方式なので基礎に断熱材を貼り付けていきます。
この場合、床下は室内という考え方になります。

18022602.jpg
土台廻りの気密処理を終え断熱材を貼り付けていきます。
床と壁の取り合い部分は弱点になりやすい箇所なので入念に施工!

18022603.jpg
コンクリートとの取り合いはしっかりとウレタン処理。

18022604.jpg
耐力壁は外周部をモイス、内部は筋かいとしています。

18022608.jpg
構造金物も取付OK。
金物は取り付く場所によってサイズや形状が変わります。
図面を確認しながら過不足なく取付を行うことは簡単なようで意外に神経を使います。
建物の安全にかかわる部分ですので慎重に!
金物検査も無事クリアーしています。^^

18022605.jpg
壁の断熱施工。
裸の家にセーターかダウンジャケットを着せていく感覚。
暖かそう。(笑)

18022606.jpg
天井はセルローズファイバーの吹込み。
建て物全体を一気に施工するため気密施工を先行して行います。

18022607.jpg
ピシっと貼られた気密シートが気持ち良い。
このシートの上に断熱材が乗ってきます。

by   at 23:22  | Permalink  | Trackbacks (0)

外部の下地、窓の取付など

山谷町の家、建て方を終えた途端に寒波がやってきました。
今年の冬は本当に厳しい!日中の気温が0度以上にならない日も珍しくありません。

18020501.jpg
柱や梁などを貫通する金物部分はしっかりとウレタン処理。

18020506.jpg
雪が本降りになる前に何とか屋根の下葺を終えることが出来ました。

18020503.jpg
今回は東西南面はペアガラス(APW330)北面はトリプルガラス(APW430)の使い分け。
費用対効果の高い組み合わせとなっています。

18020504.jpg
玄関ドアも取付けました!

今後は建物の中の工事がほとんど、少し楽になります。
早く断熱工事をしたい!^^

by   at 20:19  | Permalink  | Trackbacks (0)

寒波の後の建て方。(山谷町の家)

山谷町の家、建て方を行いました。
先週末の大雪がうそのような快晴!
お施主様の日頃の行いの賜物でしょう。感謝!

IMG_7600.jpg
敷地内の雪もほぼなくなり絶好の建て方日和。^^

IMG_7605.jpg
まずは一階の柱を建てていきます。

IMG_7608.jpg
2階床廻りの梁を掛けます。
今回建て方は7人で行いました。
クレーンがあるため苦も無く作業を行うことが出来ますが人力で行っていた時代は危険も伴い大変な作業だったと思います。今でもクレーンが入れない狭小地などで人力で建て方を行う時はありますが人数を増やしたり、長い材料を使わずに済むよう設計段階から工夫したりします。

IMG_7614.jpg
2階床梁を掛けたら下地合板をならべます。
足場も良くなり安全性、作業性もUP。

IMG_7616.jpg
雨水や汚れから下地合板を守るためしっかりと養生をします!

IMG_7601.jpg
18日朝。

IMG_7659.jpg
19日朝

1日足らずで何もない所に2階建ての家が出現。
お施主様やご近所様にも「早いですね~。」とお声掛け頂きましたが、私自身何度見ても同じ感想を抱きます。^^

今後は屋根の下地、壁の下地へと進みます!


by   at 20:40  | Permalink  | Trackbacks (0)

基礎断熱の場合の土台敷き(山谷町の家)

12月に基礎コンクリートを打ち込み養生をしていた山谷町の家、18日からの建て方に向け土台敷きを行いました。
寒波も過ぎ去り天候はくもり。土台敷き日和となりました。^^

IMG_7582.jpg
綺麗にコンクリートが打ち込まれた基礎。
敷地に高低差があるため一部深基礎となっている。

IMG_7584.jpg
山谷町の家は床下エアコンによる全館暖房。よって基礎断熱方式となります。

基礎断熱の場合、土台と基礎を密着させる必要があるため気密パッキンを使います。
パッキンにはジェイベックのレール120を使用。
使用されている発泡ゴムが適度に柔らかく段差になりくいうえしっかりと密着します。

IMG_7592.jpg
まずはレール120を敷き込み…。

IMG_7593.jpg
そこに土台を乗せ、挟み込みます。

IMG_7594.jpg
パッキン材により、隙間がなくなっています!
アンカーボルトを締めることにでさらに密着します。

IMG_7596.jpg
土台敷き、無事完了。^^

IMG_7597.jpg
翌日、材料も搬入され建て方を待つのみです!

by   at 07:35  | Permalink  | Trackbacks (0)