トップページ » 家づくり » 車場の家

基礎工事①

新潟市「車場の家」基礎工事の状況です。

車場の家はオーブルデザインさんのいつもの仕様、フラットスラブの高基礎。

基礎断熱 高基礎
捨コンも平らなので鉄筋も整然と置かれています。
すごく作業がしやすそうです。

基礎断熱 高基礎
鉄筋組みの脇では水道屋さんが先行配管。
この部分はカーポートが設置される部分で、基礎工事と共に土間コンクリートの下地をやってしまおうという狙いです。

基礎断熱 高基礎
配筋も着々と進みます。
細かいピッチの底板の配筋、見た目にも安心感があります。

基礎断熱 高基礎
配管スリーブも設置完了。
鉄筋とのあきもしっかり確保しています。

基礎断熱 高基礎
型枠も大詰め。
底板、立ち上がり、一体打ち込みなのですべての型枠を組んでしまいます。

あとは天気予報とにらめっこ。コンクリート打設を待つのみです。


by   at 22:02  | Permalink  | Trackbacks (0)

地盤改良、捨コン打設。

新潟市「車場の家」地盤改良を行いました。

地盤調査の結果、柱状改良を選択、長さは4.25m。
事前の近隣データによる参考値では6.5mの柱状改良。予定よりも短くなりました。
近隣データも調査結果が集積されてきたからなのか、実際の結果と大きくずれることが無いようです。

新潟市 新築
地盤改良工事中。掘削しながら土と固化材を撹拌し土中に改良体を作ります。

新潟市 新築
地盤改良後掘削。きれいに杭の頭が残っています。
杭の高さに合わせ砕石を敷きこみます。

新潟市 新築
転圧~。砕石を締め固めます。

新潟市 新築
下地完了後防湿シート敷き込み。
地面からの湿気が床下内に上がらないよう丁寧に敷きこみます。

新潟市 新築
捨コンクリート打設完了。
打設直後の捨コンは田植え前の田んぼのよう。

捨コンは構造体ではありませんがこの後の鉄筋や型枠を精度よく施工するためには重要な工程です。
また、敷きこんだ防湿シートを保護する役割もあります。

by   at 22:23  | Permalink  | Trackbacks (0)

「車場の家」着工しました。

新潟市秋葉区にて新築住宅を着工しました。
設計管理はオーブルデザインさん。
今回も高断熱、高基礎のハイスペックな住宅です!

先日上棟をさせて頂きましたが(更新をさぼっていたので…)少しさかのぼり、時系列に沿って施工状況をアップしていきます。
3月中旬、まずは地縄張りと思っていたらまさかの春雪。
作業に支障があるほどではなく「今年最後の雪かな…」なんて風情も感じたのですが、持って行ったロープが白く雪の中では全く見えない。(笑)

新潟市 高断熱住宅

新潟市 高断熱住宅

少し除雪をしてからの作業でしたが帰る頃にはだいぶ溶けていました。

by   at 12:16  | Permalink  | Trackbacks (0)