空を見上げて
トップページ » 家づくり » 古民家のリフォーム 新潟市

瓦の葺き替え作業①

K様邸では既存の瓦を降ろし、傷みや腐朽のある材料の交換。下地の調整などを行いました。

新潟市 古民家 リフォーム
お盆前の炎天下の中作業は行われました。
(熱中症には気をつけましょう!)

新潟市 古民家 リフォーム
玄関、入母屋(いりもや)部分の屋根下地。

新潟市 古民家 リフォーム
取り外された既存の鬼瓦。これ位のサイズになると7~9個ほどに分解され屋根の上で組み立てます。

新潟市 古民家 リフォーム
下葺き(したぶき)作業。下葺きとは暴風時などに万が一、屋根材の隙間から雨が入った場合防水層となる部分で、屋根工事においてとても重要な部分です。

新潟市 古民家 リフォーム

新潟市 古民家 リフォーム
下葺き後、瓦を並べるときに基準となる瓦桟(かわらざん)が打ちつけられました。
あとは瓦が上がるのを待つばかりです。

お盆過ぎは少し涼しくなってくれると良いですね。^^

木の家の新築・リフォームなら…
   新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 06:46  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)

築100年 古民家のリフォーム

新潟市東区にて、築後100年経過しているという住宅の、改築のご依頼を頂きました。
100年ほど経過しているとは言っても、管理や手入れがしっかりとされていて、新しい建物には絶対に出せない風合いが漂っています。

新潟市 古民家 リフォーム
落ち着いた風格の外観。

新潟市 古民家 リフォーム
建てられた当初は塗装もなどは何もされていなかったと思われる玄関の木製建具。経年変化によって本当に良い色合いになってます。

新潟市 古民家 リフォーム
最近の建物ではまず見ることのなくなった「入母屋」の屋根。
鬼瓦が取れてかなり傷んでいますが、瓦の葺き替え後が楽しみです。^^

工事の流れとしては、
まず、長年の風雪に耐え、傷みの激しくなってきた瓦の葺き替え。
瓦の葺き替えにともなう屋根下地の点検、補修。
母屋部分、床の水平調整。(建物全体をジャッキアップして行う。)
母屋部分、柱の傾き調整・固定。
台所、浴室などの水回りの改修。
といった順序で行われていきます。

こういった古い建物の改築は、やはり経験がものを言います。同時に若い大工にとっては貴重な勉強の場。
現在の住宅ではほとんど見られない工法や、当時の大工の知恵などに触れることができます。
新しい建物を作る時だけでなく、古い建物を解体、改築していく過程でも技術の伝承は行われていくのだと思います。

ここまで古い建物の改築というのは中々携われるものではありません。
貴重な機会を頂いたことに感謝しながら工事をさせて頂きたいと思います。

木の家の新築・リフォームなら…
   新潟県阿賀野市 宮崎建築

by   at 14:11  | Permalink  | Comments (0)  | Trackbacks (0)