トップページ » 2019年08月

関ブロ埼玉大会へ。

6月に関ブロ埼玉大会に参加して来ました。

関ブロ大会とは正式名称を「関東甲信越建築士会ブロック会青年建築士協議会埼玉大会」と言い、関東甲信越地方の1都9県の建築士が集まり研修・交流などを行うもので、毎年6月に開催されています。

私の所属する建築士会北蒲原支部も参加しており、毎年の恒例行事となっています。
(私はここ数年サボっていて2016年以来の参加。)

09080301.jpg
今回の会場は埼玉県秩父市。
「秩父市」名前はよく知っていますが、訪れるのは初めてでした。

09080302.jpg
全体会議、参加者は各都道府県から合計450名ほどだったそう。

09080302-4.jpg
全体会議や分科会の合間に会場近くを少し散策しました。
まずは秩父神社を参拝。

P6210024.jpg
秩父神社は社殿の四面に彫刻が施されています。
それぞれの彫刻に物語があり、解説もされていておもしろい。^^
名工 左甚五郎作のものも。

09080302-5.jpg
参拝後、神社前の通りを散策。
この通りには雰囲気のある建物が複数あり、見て歩くだけでも楽しめます。
登録有形文化財に指定されている建物もチラホラ。

09080302-8.jpg
1階の一部がタバコ屋さんだった建物。
角がアールになっていて、通りに対して柔らかく開いているような印象を受けます。

09080302-6.jpg
パリー食堂。
こちらでお昼を頂きました。
この建物は登録有形文化財に指定されています。
古びた壁やポーチ屋根の質感。真鍮のような色合いの看板。エアコンの室外機、店先に置かれたカブ…。
どれも味があります。

09080302-7.jpg
食堂近くに合った喫茶店。
すごく惹かれるものがあったのですが、時間の都合で入店かなわず。
ちょっと心残り。

09080302-9.jpg
ご当地的なパチンコ店も。
私はパチンコはしないのですが、記念に少し打ってきてもよかったかな。^^

09080303.jpg
宿泊先は「農園ホテル」という所でホテルというよりはマンションのような雰囲気でした。
室内には自炊できる設備もあり、「農作業でもしながら宿泊できたりするのかな。」などと想像。
(そのあたり、もうちょっと聞いてくればよかった。)
通路もなんとなく生活感があります。

09080304.jpg
↑早朝の室内からの眺め。


*********


さて、肝心の関ブロ大会はというと、各都県の代表による建築士としての活動報告がメイン。
さすがに各支部を代表される方々の発表だけあり、内容・プレゼンの質とも素晴らしいものがありました。

建築士の職能を生かし、地域の様々な世代の人たちを繋ぐような活動をされている方たちが多くいることを改めて実感。
日々の仕事のプラスアルファとして、こういった活動もしていけたらな、と考えさせれました。

分科会終了後の懇親会でも色々な方々と交流・情報交換をさせて頂き、とてもよい時間を過ごさせて頂きました。^^

by   at 06:45  | Permalink  | Trackbacks (0)

お施主様宅取材。~新栄町の家~

昨年末お引渡しをさせて頂いた「新栄町の家」。
お住まいになられてから約8か月が過ぎました。

1シーズン冬を過ごされ、本格的な夏を迎えたこの時期に住み心地や暮らし方について取材をさせて頂きました!

19080501.jpg
インタビュー&撮影はDailyLivesNiigataの鈴木亮平さん。

記事&写真がとても楽しみです!^^

by   at 17:06  | Permalink  | Trackbacks (0)

「鐙西の家」完成見学会を開催しました!

7/27、7/28の2日間「鐙西の家」完成見学会を開催しました。

初日は台風の影響か、気温が上昇し大変な暑さに。
(外部に設置していた温度計は37℃を表示!)
高断熱住宅の夏を体感して頂くには絶好の日となりました。^^

鐙西の家は約40坪の平屋建て。
冷房は6畳用のエアコン2台で計画しています。

計算上は6畳用のエアコン1台で間に合うのですが、プラン上個室的に使われる部屋もあり、冷気が行き渡りにくい部分もあると判断、2台設置としました。

エアコンは見学会前日の夕方より稼働。
暖まりきった建物を冷やす意味もあり24℃で運転。
徐々にと湿度も下がっていき、サラッとした気持ちの良い空気感となりました。

19080101.jpg
見学会初日は26℃設定で2台稼働。
初日の午前中は26℃設定で2台運転。が、少々冷え過ぎで寒くなってしまったためお昼ごろには1台は停止し27℃設定に変更。
その状態で家全体が気温27℃程度、湿度55~60%程度となり、1台での運転でも十分に家全体を冷房することが確認できました。^^

ただし、実際に生活を始められると、建具をある程度は閉めることが考えられることから2台稼働がベターなケースも出てきそうです。

19080102.jpg
実際にお越し頂いたお客様からは
・40坪の家がエアコン1台で全室冷房できることに驚いた。
・高断熱住宅は夏も涼しく暮らせることがわかった。
・リノベーションでも高断熱住宅に出来ることがわかった。
など、嬉しいお言葉も頂きました。^^

宮崎建築としては本格的な夏に行う完成見学会は初めてでしたが、私自身も色々と発見があり、勉強させて頂きました。

大変な暑さの中見学会に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!

また、完成見学会を快く了承してくださったお施主様にこの場を借りて御礼を申し上げます。
ありがとうございました!


by   at 19:45  | Permalink  | Trackbacks (0)