トップページ » 家づくり » 鐙西の家 リノベーション » 「鐙西の家」施工状況をふりかえる。⑤【開口部・外壁】

「鐙西の家」施工状況をふりかえる。⑤【開口部・外壁】

鐙西の家、サッシはいつものように樹脂サッシを使用しています。
今回はAPW430。(トリプルガラス樹脂サッシ)
ちょうど引違い窓の430が発売されたタイミングで、引違いの430は初採用となりました。
今までの330真空トリプルに比べ、枠回りがしっかりしていて安心感があります。

19072631.jpg
初採用のAPW430引違い。

窓は南面と東西北面でガラスの種類を変えています。
日射取得タイプ、日射遮蔽タイプなど、同じ窓でも実はガラスには種類があるのです。
ガラスの種類を最適化することも重要です。^^

19072632.jpg
玄関はユダ木工の木製引戸。
こちらも初採用。

19072633.jpg
外壁はガルバリウム鋼板と木製外壁の併用。

19072635.jpg
正面は杉板タテ貼り。

19072636.jpg
平屋の落ち着いた佇まいを意識し、押し縁のピッチをいつもよりやや狭く。
いい感じです。^^


◎お知らせ
7/27(土)7/28(日)に「鐙西の家」リノベーション住宅完成見学会を開催いたします!
詳細はこちら。
高断熱住宅の夏を体感する絶好の機会です。
お気軽にお越しください。^^

by   at 10:44
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはありません

2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31