トップページ » 家づくり » 鐙西の家 リノベーション » 「鐙西の家」施工状況をふりかえる。① 解体~屋根工事。

「鐙西の家」施工状況をふりかえる。① 解体~屋根工事。

今月末に完成見学会を控えた鐙西の家。

3月から工事を行わせて頂いておりましたが、工事の状況をなかなかUP出来ずにいました。

築47年の無断熱住宅を高断熱住宅へとフルリノベーションし、耐震性も現行の基準に適合させた「鐙西の家」の工事の様子は、これから住宅の改修や建て替えを検討されている方の参考になる部分もあると考え、ポイントをピックアップし振り返りをさせて頂こうと考えました。

3月中旬、まずは解体工事から始まりました。

19071701.jpg
工事前
平屋の落ち着いた佇まい。
この雰囲気を残しつつ新しい住まいへと生まれ変わります。

19071702-1.jpg
解体工事開始

19071703-1.jpg
リノベーションにおける解体工事は壊す部分と残す部分が混在します。
よって、解体はほぼ手作業。
残す部分を傷めずに効率よく解体作業を進めるには経験値も要求されます。

残す部分を誤って壊してしまったり、解体撤去するはずの部分が残っていたりということが無いよう解体屋さんと入念に打合せをしながら作業は進められます。

19071706.jpg
瓦や外壁が撤去され、柱・梁等の骨組みだけの状態に。
この状態を建築用語で「スケルトン」と言ったりもします。

19071708.jpg
既存の屋根下地材を撤去し新たに合板を貼り付けます。
これは屋根下地を新しくする意味もありますが、屋根構面を固めるという構造の補強の意味もあります。そのため、釘の種類や間隔もしっかりと確認します。

耐震補強というと壁を補強するイメージが強いですが、屋根や床などの水平構面の補強も重要となります。

19071710.jpg
屋根板金葺き作業
これまでの瓦屋根から板金屋根へと変更。
構造の補強を進めると共に、屋根葺き材を軽くすることで耐震性の向上を図ります。

19071709.jpg
解体工事から屋根葺きまで完了し、ひとまず雨の心配は無くなりました!
この間ほとんど雨に降られることが無く天候に恵まれた中で作業は順調に進みました。

つづく。


◎お知らせ
7/27(土)7/28(日)に「鐙西の家」リノベーション住宅完成見学会を開催いたします!

詳細はこちら。
高断熱住宅の夏を体感する絶好の機会です。
お気軽にお越しください。^^

by   at 06:21
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはありません

2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31