鐙西の家、サッシはいつものように樹脂サッシを使用しています。
今回はAPW430。(トリプルガラス樹脂サッシ)
ちょうど引違い窓の430が発売されたタイミングで、引違いの430は初採用となりました。
今までの330真空トリプルに比べ、枠回りがしっかりしていて安心感があります。

19072631.jpg
初採用のAPW430引違い。

窓は南面と東西北面でガラスの種類を変えています。
日射取得タイプ、日射遮蔽タイプなど、同じ窓でも実はガラスには種類があるのです。
ガラスの種類を最適化することも重要です。^^

19072632.jpg
玄関はユダ木工の木製引戸。
こちらも初採用。

19072633.jpg
外壁はガルバリウム鋼板と木製外壁の併用。

19072635.jpg
正面は杉板タテ貼り。

19072636.jpg
平屋の落ち着いた佇まいを意識し、押し縁のピッチをいつもよりやや狭く。
いい感じです。^^

◎お知らせ
7/27(土)7/28(日)に「鐙西の家」リノベーション住宅完成見学会を開催いたします!
詳細はこちら。
高断熱住宅の夏を体感する絶好の機会です。
お気軽にお越しください。^^

この記事を書いた人

宮崎 直也

宮崎建築4代目で、設計・施工・管理を担当しています。
新潟県ならではの「冬寒く、夏暑い」という悩みに、建て替えなくても新築と同等以上の断熱性能が確保できる断熱リフォームを手がけています。一般的なリフォームとは違い、少ない光熱費で全体の空調を実現しました。
2級建築士、1級技能士、職業訓練指導員、平成9年技能五輪新潟県予選1位、平成10年技能五輪全国大会出場。嫁さん大好き。