トップページ » 家づくり » 山谷町の家 » 春は近い?山谷町の家外壁張り。

春は近い?山谷町の家外壁張り。

先週末の台風並みの風で現場廻りの雪もすっかり溶け、随分と作業がしやすくなりました。
さすがに冬将軍も去り、寒暖を繰り返しながら春に向かっていく事でしょう。
ここまで春が待ち遠しい冬も初めてかもしれません。(^_^;)

山谷町の家では外壁張りが進んでいます。
宮崎建築では定番のガルバリウム鋼板角波。
総2階部分も1枚物で張ることが出来、縦方向の継ぎ目も無いので耐久性も高く見た目もスッキリとしています。
18030601.jpg

ただ、長いものは8mほどに達するので最低でも3人がかりでの作業となります。
板金屋さん、ご苦労さまです!
18030602.jpg

18030603.jpg

張り上りはシンプルでカッコよい♪
玄関廻りは杉板張りとなります。
外壁工事が完了し足場が取れるのが楽しみです。
18030604.jpg

雨樋はタニタのスタンダード半丸。(ガルバニウム製)
塩ビ製の雨樋よりもコストはアップしますが交換のサイクルが伸びるため長い目で見るとコストダウンになると考えています。
雨樋の交換は作業自体はそれほど大きな工事では無いですが、足場が必要になる場合が多くまとまった費用が掛かることも多いのです。

18030605.jpg
吊り金具が見えない構造となっているため主張しないデザイン。GOODです。^^

by   at 12:40
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはありません